全国対応可

東京 | 横浜 | 名古屋 | 大阪 | セミナー情報

03-5369-2930お電話 お問合せ
インドネシア進出支援

『インドネシアの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化『インドネシアの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化

今すぐ無料お試し!


TCGが選ばれる4つの理由

ここまで出来る!!

  • 海外子会社の外部CFOの立場でサポート︕
  • 海外子会社の会計・税務・労務・法務を一括サポート︕
  • 常に最新の法改正に対応︕
  • 当社オリジナルの月次経営戦略書を毎月親会社・子会社双方へ提供︕
今すぐ無料お試し!

インドネシア進出のメリット

豊富な人口

インドネシアは2億6千万の人口を抱えており、世界第4位の人口となっております。また、人口の階層の特徴として若年層-中間層までが多く、国民の平均年齢が若いことも特徴の一つです。 また、インドネシアは個人消費が経済成長をさらに後押しし、中間層がさらに拡大、それがさらなる消費の拡大につながるという成長を期待できます。 そのため、豊富な消費人口・労働人口がおり、進出のメリットになると考えられます。

経済市場

2015年度のインドネシアの経済規模は世界16位、ASEANでは1位となりました。21世紀に入り一人当たりのGDPも5倍に増加し、巨大なマーケットとして確実に成長しております。また、物価が安く、人件費も安く抑えることが出来るため、費用を低く抑えること可能であり、進出しやすいことが伺えます。

さらに、進出時には必ず土地の購入や工場の建設など大きな投資をする必要がありますが、インドネシアでは日本と比べかなり少額ですむため、巨大なマーケットと合わさって大きな利益を期待することが出来ます。 進出企業に対しては、外資優遇税制を設けており、条件を満たした企業は一定の期間優遇措置を受けることが出来ます。

インドネシア進出の注意点

厳重な規制

インドネシアでは、進出企業を対象とした「投資ネガティブリスト」が存在し、外資企業に対する規制が設けられている業界・業種があります。 そのため、進出する前に設立が可能であるのかを把握しておく必要があります。

ビジネス環境の煩雑さ

2013年10月に世界銀行と国際金融公社(IFC:International Finance Corporation)が、共同で発表した「ビジネス環境の現状2014」によると、インドネシアは、このランキングの総合順位が189の国または地域中120位(2013年は128位)です。ASEAN諸国のシンガポール(1位)、マレーシア(6位)、タイ(18位)と比べて大きな開きがあり、世界的に見ても低いランクにあります。その理由として事業の開始や資産の登録などの手続きが煩雑であることが挙げられます。

日本との文化の違い

インドネシアでは、国民の大半がイスラム教徒です。そのため、日本での習慣が通用しないことやインドネシア独特の規制により日本で可能なことがインドネシアに進出した際は通用しない事例があります。 また、インドネシア進出は地域により経済発展のばらつきがあるため、進出地域によって情報を収集することが求められます。

インドネシア進出 最新情報

セミナー情報

[東京]
2018年7月23日(月)
TQM(Total Quality Control 総合品質管理)セミナー セミナー詳細

関連サイト

今すぐ無料お試し! ※お問合わせいただいた方の中から毎月抽選で15名の方に『海外直接投資の赤本シリーズ』より1冊もしくは海外直接投資データベースWiki Investment年間購読(10,800円相当)を贈呈します。
ニュースレター申し込み