久野康成公認会計士事務所 | 東京コンサルティングファーム

Japanese | English


TEL : 03-5369-2930
Tokyo Consulting Firm

マレーシア進出をトータルサポートします!

マレーシア進出/東京コンサルティングファーム

マレーシアは世界で最もビジネスをしやすい国と位置付けられているように、世界中の企業のアジア市場進出とグローバルオペレーションにおける最適な拠点として定着しています。
当社では、アジア諸国と世界各国をつなぐ物流ハブを持つマレーシアに進出し、グローバルな経営戦略、成長戦略を描きたいとお考えの経営者の方々を税務・会計・人事の面から包括的にサポートし、御社のアジア事業における成功のお手伝いをさせていただきます。

~マレーシア進出のメリット~

① 拡大成長する消費市場
マレーシアの人口ボーナスは2040年まで続くと言われています。
さらにIMFの推計によると2016年の一人当たりGDPがフィリピンの約3倍あり、高位中所得国として位置づけられています。
経済成長率も5%前後で安定しており、今後も中間所得層の増加が期待されています。
マレーシアはイスラム教を国教としており、イスラム金融の中心地でもあります。2008年の金融危機からイスラム金融の拠点とするという政策を打ち出し、5年間でイスラム金融資産を92%も増加させました。
イスラム教国で特定の商品を扱うには「ハラール」という基準を満たす必要があります。
マレーシアにはハラールに対応した生産・包装・物流システムなどを整備し、ハラール認証を取得しやすくした産業団地「ハラルパーク」があります。
イスラム教圏の人口は16億人、世界人口の1/4といわれます。マレーシア進出はこの巨大市場に進出する第一歩となります。

② 整備された環境と質の高い人材
世界銀行の発表する「Doing Business 2015」によると、マレーシアは「ビジネス環境が整っている国」第3位にランクインしています。
マレーシアは開業や建設認可取得・対外貿易が容易で、電力受給などの環境も良く、新しく進出した企業でも快適にビジネスが行える環境を整備しています。
日本企業は2013年までに1400社以上が進出し、業種別では特にハイテク産業が多く進出しています。
マレーシア進出の大きなメリットは「言語」です。多民族国家であるマレーシアは、英語・中国語・マレー語・インド語を使用する人がいます。
EFエデュケーション・ファーストが2015年に発表した、「英語を母国語としない54カ国・地域の英語能力指数調査結果」において、マレーシアはアジア2位、全体で14位にランクされ、5段階評価で上から2つ目の「高い」に分類されました。高齢世代でも、イギリス植民地時代に英語教育を受けた影響もあり、英語を話す人も多くいます。

③ 政策・優遇措置
マレーシアは外国企業誘致のために、投資促進法や所得税法など様々な法令により奨励業種を定めています。
製造業などのほとんどの業種では、100%外国資本で会社を設立することも可能です。奨励業種では、法人税免除・投資控除等の法人税に関する優遇措置などが受けられます。
税制上の優遇措置は以下の通りです。

・パイオニア・ステータス
マレーシア投資開発庁(Malaysia Investment Development Authority(MIDA))に認可されると、5年間は法定所得の70%が免税となります。
奨励事業を奨励地域に立地する場合、またハイテク事業として定められている事業を行う場合、法定所得の全額免除が認められる場合もあります。

・投資控除(Investment Tax Allowance:ITA)
ITAが認可されると、5年以内に発生した適格資本的支出に対して、60%の控除が得られる。
この控除額で各年度の法定所得の70%を相殺することができ、未利用の控除額は全額が利用されるまで、翌年以降に繰越すことができる。


マレーシア進出の注意点

① イスラム教の色濃さ
マレーシアはイスラム教を国教としており、その風習をよく理解する必要性があります。
様々な規則が存在し、規則も州によって様々です。マレーシアの風土・国民性にあったビジネス活動が強いられます。
世界で唯一、政府機関が認証を付与するハラール認証が施策されており、さらに「ハラルパーク」があるとはいえ、こうした違いは進出したばかりの企業には障害となりえます。

② 成長国家ならではの人材市場
マレーシアに限らず、東南アジアに進出した企業は離職率の高さに悩みます。
特にマレーシアは急激に成長している国なので、従業員が給料を上げるには転職が一番です。
このため就労態度や仕事に対するモチベーション、コミットメントについて日本人と同等のレベルを求めるのは難しいと言われています。
民族にもよりますが、従業員を引き止めたい場合には結局お金、という傾向があります。
しかしマレーシアのインフレ率を考慮すると、毎年20%は上げないと従業員としては給料が上がっている感覚は得られません。しかし企業にとっては5年で給料は2倍となります。
日系企業にとって、この賃金の上昇ペースが進出の大きな壁となっています。

③ 政策・規制
マレーシアでは昔から移民が多く、イギリスから独立後、豊かな中国系人と先住民のマレー人の対立が絶えませんでした。
この対立を解消するために、マレー人を経済的に優遇する国策が施行されました。この一連の政策を総称して「ブミプトラ政策」といいます。
マレーシアには企業を誘致するための国策がある一方、こうした制度が進出した後のトラブルの原因となります。
マレーシアはこの政策を基盤にしており、それが企業の根幹に関わるケースが起こり得ます。
例えば、政府からの補助金を受けるには、その会社にマレー系の資本が51%以上必要です。
特定の業種は、マレー系が一定以上の株を保有している、又はマレー系の取締役がいないと進出ができないものもあります。
政府系の入札プロジェクトだと、マレー系の人が会社の経営陣に入っていないと受注がほぼ不可能とも言われています。



Tokyo Consulting Firm Sdn. Bhd. 
活動実績

 

更新情報

ブログ更新:11/20 「判例 8」
ブログ更新:11/13 「マレーシア 判例 7」
ブログ更新:11/6 「雇用法 3」
ブログ更新:10/23 「名義貸しについて」
「判例 6」
ブログ更新:10/10 「雇用法 1」
ブログ更新:10/2 「判例 5」

ブログ更新:9/25 「会社法 5」

「マレーシアの就労ビザⅣについて」
ブログ更新:9/12 「カンボジア企業経営への心得」 「ビジョナリー会計コンサルティング⑧-会社の引き締め役として」
ブログ更新:9/11 「マレーシア 判例 1」
ブログ更新:9/4 「マレーシア 判例 1」
ブログ更新:8/28 「会社法 4」
ブログ更新:8/21 「会社法3」
ブログ更新:5/22 「判例 CASE NO: 9/4-1290/13」
ブログ更新:5/15 「判例 CASE NO. 19/4-1056/12」
ブログ更新:5/8 「判例 CASE NO: 16/4-127/16」
ブログ更新:5/1 「判例 CASE NO. : 3/4-526/15」 
ブログ更新:4/24 「マレーシア税制改正⑥」 
ブログ更新:4/17 「マレーシア税改正⑤」 
ブログ更新:4/10 マレーシア税制改正④
ブログ更新:4/3 マレーシア税制改正③
ブログ更新:3/27 マレーシア税制改正②
ブログ更新:3/13 ~有給休暇に関する判例~
ブログ更新:3/6 ~解雇処分における判例~
ブログ更新:2/27 ~書面外の雇用契約解除に関する判例~
ブログ更新:9/19~有期雇用の更新に関する判例~ 


ブログ更新:2/20~有期雇用の更新に関する判例~ 


ブログ更新:2/13~雇用形態に関する判例~ 


ブログ更新:2/6~雇用形態に関する判例~ 


ブログ更新:1/30~みなし解雇に関する判例~ 


ブログ更新:1/23~従業員の違反行為に関する判例~ 


ブログ更新:1/16~人事評価に関する判例~ 


ブログ更新:1/10~就業時間に関する判例~ 


ブログ更新:12/26~KL 市内でのビジネスライセンスについて~ 


ブログ更新:12/12~輸出企業に対しての外貨規制~ 


ブログ更新:11/28~試用期間中の解雇に関する判例~ 


ブログ更新:11/21~マレーシアの2017年度予算案~ 


ブログ更新:11/14~試用期間中の解雇に関する判例~ 


ブログ更新:11/7~有期雇用契約解除に関する判例~ 


ブログ更新:10/31~組織再編制に関する判例~ 


ブログ更新:10/24 ~セクハラハラスメントに関する判例~ 


ブログ更新:10/17 ~就業時間に関する判例~ 


ブログ更新:10/11~降給・残業に関する判例~ 

ブログ更新:10/3~みなし解雇に関する判例~ 


ブログ更新:9/26~試用期間の延長に関する判例~ 


ブログ更新:6/20 ~給与前貸しの上限額について~ 

TCFのサービス

マレーシア進出 FS・市場調査

新規海外事業の需要分析・コスト把握による事業計画の立案から、提携先・買収先の探索、マレーシア視察ツアーの手配、工業用地・オフィスの選定など、現地スタッフがマレーシア進出に最適なサービスを提供します。

 

マレーシア進出 会社設立・登記

マレーシア進出する際の会社設立に関する各種手配及び登記申請手続を代行します。書類の手配から役所申請、マレーシア語翻訳まで、現地法人・支店・駐在員事務所等の設立代行をマレーシア常駐スタッフがスピード対応します。

マレーシア進出 人材紹介・人材派遣

マレーシアでは、経済の発展が著しく優秀な人材の確保が難しいということが常に経営課題として挙げられています。当社は、独自のネットワークを用いて、ニーズに合った人材のご紹介・派遣を行っております。予め日本人スタッフがスクリーニングを行っているので安心してご利用頂けます。

 

マレーシア進出 人事労務サービス

海外展開の成功に「人」のマネジメントが最も大きなポイントになります。マレーシアでは労務管理が日本と異なる部分が多く存在します。雇用契約書の作成、就業規則の作成から人事計画の構築まで、マレーシアに進出する上での労務問題を解決に導きます。

マレーシア進出 会計税務サービス

当社では、現地での税務申告や監査に留まらず、日本語での親会社様への迅速な月次決算報告・指摘を行い、マレーシア進出の際の事業の経営課題を明確にします。

 

マレーシア進出 M&Aサービス

海外進出の形態の一つとしてM&Aがあります。スピードが要求される現在において、必要なリソースを一度に獲得できるM&Aは非常に有効な手段であるといえます。日本・マレーシア双方に拠点を置く当社では、幅広い選定先の中からマレーシア進出する貴社のニーズにあった企業を選定します。

マレーシア進出 セミナー情報

現地実務に即したマレーシア進出セミナーを実施。要望に合わせてプログラムのカスタマイズにも対応いたします。提携の国際弁護士との共催で設立関連の法務のお悩みにもお答えできます。

 

マレーシア進出 翻訳サービス

マレーシア進出において必要となる契約書、定款、就業規則、財務諸表などの専門文書を中心に法務・会計税務・労務に特化したビジネス翻訳サービスを低価格で提供いたします。

マレーシア進出 その他サービス

マレーシア進出する際には現地でのビジネス展開・生活をされる過程では、様々な問題・ニーズが発生してくることと思われます。現地駐在員の持つネットワークを駆使して包括的な総合サービスを提供します。

   

こちらに掲載されている情報は一部古いものもあります。
最新情報はこちら↓