久野康成公認会計士事務所 | 東京コンサルティングファーム

Japanese | English


TEL : 03-5369-2930
Tokyo Consulting Firm

ブラジル進出をトータルサポートします!

ブラジル進出/東京コンサルティングファーム

ブラジルはBRICsの一員として、近年高い経済成長を成し遂げました。2016年にはリオ五輪が開催され、今後ますます経済の成長が期待されています。東京コンサルティンググループは、会計事務所を母体とした総合コンサルティンググループです。世界に27カ国・44の拠点を有し、日本企業の海外進出を支援しています。ブラジル支社と日本本社が連携し、貴社のブラジル進出を支え、ブラジルビジネスを会計・税務・法務・労務の面から徹底的に支援致します。



~ブラジル進出のメリット~

① 南米最大規模の経済と人口と文化
ブラジルは世界第5位、約2億40万人の人口を抱え、労働人口は約1億人と推計されています。
2012年の雇用労働省の資料によれば、正規雇用の純増率は商業が4.7%、サービス業が4.5%でした。
こうしたことからブラジルの2015年のGDPは9位となり、中間所得層が全体の約55%へと増加しています。
ブラジルには約160万人の日系人がおり、人口の0.8%ほどを占めています。
また、日立・PANASONIC・富士通など多くの日本メーカーが進出しています。
このため日本人がなじみやすく、進出する際の文化的な障壁が低いとされています。

② 南米最大の国土と資源
ブラジルの国土は世界第5位であり、南米大陸の約半分を占めています。
この広大な国土の中に、豊富な資源を有しています。特に鉄鉱石は過去に世界1位の輸出量となりました。
また、海底油田の発掘にも成功しており、2015年の生産量は世界11位となりました。
アマゾン川流域は、約2万種類もの固有植物があると言われています。世界的に需要が高まるバイオマス(自然資源)、そして微生物・細菌など、ブラジルの豊富な資源への期待が高まっており、ナノテクノロジー関連企業の進出が加速すると見込まれます。

③ 2つの観点からなる優遇政策
ブラジルの優遇政策は特定地域開発の観点と、特定産業の発展からの観点から設計されており、主に中小企業に対して初期投資の助成金援助を行っています。
設置されている機関が多数あり、管轄・地域により提供されるインセンティブも異なります。
特定地域投資支援はマナウス・フリーゾーン、アマゾン地域、北東地域の3地域からなります。ここでは、マナウス・フリーゾーンについて概要を解説いたします。

指定機関:マナウス・フリーゾーン監督庁(SUFRAMA:Superintendencia da Zona Franca deManaus)
地域:マナウス・フリーゾーン入居企業
進出のインセンティブ
・法人所得税の免除、社会分担金25%軽減
・原材料、中間財の輸入税免除
・工業製品税の免除 など

特定産業投資支援における産業別優遇措置は、ブラジル産業における国際的な競争力の強化、貿易拡大および産業発展という観点から、以下のように定められています。
メリットは制度によって若干異なりますが、主に法人税の免除・企業所得税の免除・固定資産償却期間の短縮などがあります。

•半導体産業支援プログラム:(PADIS)
•デジタルテレビ装置産業の技術発展支援プログラム :(PATVD)
•インフラ投資プログラム:(REIDI)
•技術インセンティブ:(TI)
•自動車産業のインセンティブ:(Inovar-Auto)
詳しい解説はこちら


~ブラジル進出の注意点~

① 経済指標の弱さ
ブラジルの失業率は2016年9月時点で11.6%と、かなり高い水準で推移しています。
人口の増加により、雇用者数や中間層の増加が目覚ましいブラジルですが、貧困率が高く、治安も未だに良くありません。
また、名目GDPは右肩に上がり続けていますが、実質GDPは、2014年から若干右肩下がりのトレンドに入っています。
これは圧倒的なレアル安により、物価の上昇率が10%付近を推移しているため、名目GDPがかさ上げされているためだと考えられます。

② 広大な国土と様々な文化
ブラジルは世界第5位、日本の約23倍の国土を持っています。
大きく5つの地域に分けることができ、地域により多様な文化があります。
産業構造も地域によって異なり「ブラジル1国の中に10国ほど入っている」などといわれています。
このため、地域ごとに様々なニーズがあります。その地域市場調査など進出前の準備や、進出後の流通網の構築・人材の確保など入念な戦略が必要となります。

③ 複雑な法制と高い参入障壁
ブラジルに進出する際に、資本に関する規制はありませんが、社長や経営者側の社員は永住ビザ取得が義務付けられており、1人分の永住ビザにつき最低60万レアル相当を投資し、かつブラジル中央銀行に登録する必要があります。
このように一見規制がないように見えて、よく調べると別のところで規制があり、進出後に問題となるケースが多々あります。
また、ブラジルに進出する企業に、地域・産業の観点からいくつかのインセンティブが用意されていますが、それと同様に規制も数多く存在します。

外国資本が規制されている業種は、以下の通りです。
【外国資本が規制されている業種】
禁止業種 ・核エネルギー開発関連事業
・保健医療・健康サービス事業
・郵便、電報事業
・航空宇宙産業
規制業種 ・マスコミ関連事業
・国内航空業
・ケーブルテレビ事業
・金融関連事業
・国境周辺での事業活動
・沿海での輸送事業
・鉱物・水資源の開発・調査

詳しい解説はこちら


 

『ブラジルの投資・M&A・会社法・会計税務・労務』

 

更新情報

駐在員ブログ更新:9/14 「増値税専用発票の認証可能期間の延長 Q&A」
駐在員ブログ更新:9/7 「ブラジルの教育システムについて③」
駐在員ブログ更新:8/31 「ブラジルの教育システムについて」
駐在員ブログ更新:8/24 「ブラジルの教育システムについて①」
駐在員ブログ更新:8/17 「労働法改正について」
駐在員ブログ更新:8/10 「監査義務について」
駐在員ブログ更新:8/3 「EIRELIについて」
駐在員ブログ更新:7/27 「労働時間について」
駐在員ブログ更新:7/20 「最低資本金について」
駐在員ブログ更新:7/13 「年次有給休暇について」
駐在員ブログ更新:7/6 「会計期間について」
駐在員ブログ更新:6/29 「駐在員事務所設立について」
駐在員ブログ更新:6/22 「SPEDについて」
駐在員ブログ更新:6/15 「自己紹介」
駐在員ブログ更新:6/8 「M&Aに関する税務について①」
駐在員ブログ更新:6/1 「CSLL(CONTRIBUIÇÃO SOCIAL SOBRE O LUCRO LÍQUIDO)について」
駐在員ブログ更新:5/25 「Japan Houseの開設について」
駐在員ブログ更新:5/18 「採用基準の重要性」
駐在員ブログ更新:5/11 PIS/COFINSの課税標準額の算出について③
駐在員ブログ更新:5/4 PIS/COFINSの課税標準額の算出について②
駐在員ブログ更新:4/27 PIS/COFINSの課税標準額の算出について①
駐在員ブログ更新:4/20 ブラジル日系移民の功績ついて
駐在員ブログ更新:4/13 資金運用と人への投資活動について
駐在員ブログ更新:4/6 2017年3月時点のSelicレートについて
駐在員ブログ更新:3/23 ブラジルのデモ活動(Manifestações)について
駐在員ブログ更新:2/23 2017年最低賃金について
駐在員ブログ更新:1/19 PRTの運用について
駐在員ブログ更新:1/12 PRT(Programa de Regularização Tributária)について
駐在員セミナー:12/15 ブラジル進出セミナー

 

 

TCFのブラジル進出サポートサービス

ブラジル フィジビリティスタディ・市場調査

ブラジル新規海外事業の需要分析・コスト把握による事業計画の立案から、提携先・買収先の探索、ブラジル視察ツアーの手配などをはじめ、工業用地・オフィスの選定など、現地スタッフが貴社のニーズに合わせたサービスを提供します。

 

ブラジル 会社設立・登記

ブラジルでの会社設立に関する各種手配及び登記申請手続を代行します。書類の手配から役所申請、ポルトガル語翻訳まで、現地法人・支店等の設立代行をブラジル駐在スタッフがスピード対応します。

ブラジル 人材紹介・人材派遣サービス

ブラジルでは、経済の発展が著しく優秀な人材の確保が難しいということが常に経営課題として挙げられています。当社は、独自のネットワークを用いて、ニーズに合った人材のご紹介・派遣を行っております。予め日本人スタッフがスクリーニングを行っているので安心してご利用頂けます。

 

ブラジル 人事労務サービス

海外展開の成功に「人」のマネジメントが最も大きなポイントになります。ブラジルでは労務管理が日本と異なる部分が多く存在します。雇用契約書の作成、就業規則の作成から人事計画の構築まで、ブラジルに進出する上での労務問題を解決に導きます。

ブラジル 会計税務サービス

当社では、月次の記帳代行、税務申告、会計監査サービスに留まらず、商流変更にかかる税務レポートや、移転価格レポート等の各種レポートの作成に加え、日本語での親会社様への迅速な月次決算報告等のアプローチにより、ブラジル事業の経営課題を明確にし、課題解決をサポート致します。

 

ブラジル M&Aサービス

海外進出の形態の一つとしてM&Aがあります。スピードが要求される現在において、必要なリソースを一度に獲得できるM&Aは非常に有効な手段であるといえます。日本・ブラジル双方に拠点を置く当社では、幅広い選定先の中から貴社のニーズにあった企業を選定します。

ブラジル セミナー情報

ブラジル現地実務に即したビジネスセミナーを実施。要望に合わせてプログラムのカスタマイズにも対応いたします。提携の国際弁護士との共催で設立関連の法務のお悩みにもお答えできます。

 

ブラジル 翻訳サービス

ブラジルにおいて必要となる契約書、定款、就業規則、財務諸表などの専門文書を中心に法務・会計税務・労務に特化したビジネス翻訳サービスを低価格で提供いたします。

ブラジル その他サービス

ブラジル現地でのビジネス展開・生活をされる過程では、様々な問題・ニーズが発生してくることと思われます。現地駐在員の持つネットワークを駆使して包括的な総合サービスを提供します。

   

こちらに掲載されている情報は一部古いものもあります。
最新情報はこちら↓

TCFトップ │ グループ概要 │ 採用情報 │ お問い合わせ