全国対応可

東京 | 横浜 | 名古屋 | 大阪 | セミナー情報

03-5369-2930お電話 お問合せ
トルコ進出支援

『インドの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化『トルコの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化

今すぐ無料お試し!


TCGが選ばれる4つの理由

ここまで出来る!!

  • 海外子会社の外部CFOの立場でサポート︕
  • 海外子会社の会計・税務・労務・法務を一括サポート︕
  • 常に最新の法改正に対応︕
  • 当社オリジナルの月次経営戦略書を毎月親会社・子会社双方へ提供︕
今すぐ無料お試し!

トルコはBRICs に次ぐ「VISTA」「MIST」「NEXT11」など成長力の高いアジアの新興国が含まれることが多い国家群にノミネートされており、将来有望なビジネス・ポテンシャルを備えています。 また、トルコ経済最大の魅力の1つとして人口の多さが挙げられており、今後はドイツの人口を追い抜く事が予想されています弊社は現地会計士や弁護士と共にお客様の設立代行から監査・法務、労務に至るまで、現地で必要な管理面の総合サポートをワンストップで提供しています。貴社のトルコ進出は、是非弊社の専門スタッフへお任せください。

トルコ進出のメリット

進出企業への地理的利点

トルコは、欧州,中東,中央アジア,コーカサス地域など世界的に重要な要衝に位置しています。そのため、各地域への輸出のハブとしての機能を担うなど、重要な国としての機能を有しております。
また、今後の開拓が期待されている、中近東やアフリカへの進出において積極的外交を推進しており、ゲートウェーとなる拠点としての重要性を秘めています。トルコ進出は、巨大マーケットへ進出する際の足掛かりとして、大きなメリットがあると言えるでしょう。

期待できる人口構造

トルコの人口は約8,000万人おり、人口構造として国民の平均年齢が若く豊富な労働力が進出企業に対して大きなメリットになると考えられます。また、人口ボーナス期に突入したことに加え、国民性として残業を厭わないと言われており、進出企業にとっては質の高い労働力が期待できます。

経済的将来性

トルコは2023年に建国100周年を迎えるにあたって、「Vision2023」を策定しています。 多岐にわたる分野での発展を意欲的に望み、それぞれの分野において意欲的な成長目標を掲げています。 具体的には、各分野において下記のように掲げています。(一部抜粋

トルコ経済全体
2023年までに名目GDPの経済規模で世界のトップ10に入る
名目GDPを2兆米ドルにする
輸出額を5,000億米ドルに増加する
投資・雇用を喚起する税制を整備する
輸送・物流分野
鉄道敷設距離を1万km増設する
高速道路を7,500Km増設する
イスタンブール第三の空港を整備
エネルギー分野
総電力量を12.5万MWにする
総電力量に占める再生可能エネルギーの割合を30%にする
風力発電の設備容量を2万MWにする

トルコの経済発展が、進出企業に対して大きなメリットとなるでしょう。

トルコ進出の注意点

政治情勢

日本でも伝えられているように2016年に入り,トルコにおけるクーデター・テロが頻繁に発生しています。それによる、トルコ国内の打撃は強く、特に観光業の不振に陥っています。また、その影響により進出企業が減少傾向にあります。
さらに、状況悪化における経済への影響も大きく、第3四半期の経済成長率はマイナス1.8%となっており、2017年1月11日にはトルコリラは歴史上最安値となる1ドル3.94リラまで下落し,新興国通貨で最も大きな下落幅を記録しました。

進出企業に対する規制

トルコでは、進出企業に対してほとんどの業種が解放されています。 しかし、特定の分野に対しては外資規制や参入できない分野などを定めています。 特に、国内インフラや漁業に関しては規制が厳しく、外資企業の進出・参入は認められていません。その他にも、メディア分野においては外資比率が50%以上などいくつかの規制が設けられています。
また、トルコで事業を行う場合は、進出企業における雇用に関しても規制があり、一定規模以上の進出企業においては、外国人1人に対してトルコ人5人を雇用しなければならないなどがあります。
こうした、規制については進出以前に情報収集を行う必要があります。

トルコ進出 最新情報

セミナー情報

[東京]
2018年7月23日(月)
TQM(Total Quality Control 総合品質管理)セミナー セミナー詳細

関連サイト

今すぐ無料お試し! ※お問合わせいただいた方の中から毎月抽選で15名の方に『海外直接投資の赤本シリーズ』より1冊もしくは海外直接投資データベースWiki Investment年間購読(10,800円相当)を贈呈します。
ニュースレター申し込み