全国対応可

東京 | 横浜 | 名古屋 | 大阪 | セミナー情報

03-5369-2930お電話 お問合せ
中国進出支援

『インドの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化『の投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化

今すぐ無料お試し!


TCGが選ばれる4つの理由

ここまで出来る!!

  • 海外子会社の外部CFOの立場でサポート︕
  • 海外子会社の会計・税務・労務・法務を一括サポート︕
  • 常に最新の法改正に対応︕
  • 当社オリジナルの月次経営戦略書を毎月親会社・子会社双方へ提供︕
今すぐ無料お試し!

2000年代以降、主に大連において、BPOが非常に発展し、多くの日本企業が進出してきましたが、最近では進出の勢いが減少の傾向を見せています。

そのため、中国は「世界の工場」から「世界のマーケット」へと進出の目的が変貌を遂げようとしています。 世界最大の消費国として、今後更なる飛躍が見込まれます。 また、中国は投資相談件数も圧倒的な数を誇ります。

しかし、実際には撤退を余儀なくされる企業も少なくありません。 魅力と同時にシビアなビジネスが要求される中国進出を、当社は管理面から包括的にサポートしています。

当社の会計士、税理士、社労士といった専門スタッフにぜひお任せ下さい。 中国進出の成功をお手伝いさせていただきます。

中国 進出のメリット

巨大なマーケットと旺盛な購買力

中国進出最大のメリットは13億という莫大な人口と世界第2位のGDPにあります。 成長率は7%前後を維持しており、日本における「爆買」も記憶に新しいと思います。
中国の全国規模の購買力は年々増加しており、世界銀行によれば中国の所得水準はアッパーミドルにまで上昇しています。
進出企業にとってデメリットに見える賃金の上昇ですが、可処分所得の増加は購買力の増加であり、これから超巨大消費市場へと成長していくことが期待されます。

比較的抑制可能なコスト

北京・上海といった大都市を除けば、人件費・物価(現地滞在費)・オフィス代などの水準は、現在も日本の数分の一程度であり、製造業やIT企業にとっては魅力的な進出対象となっています。
地理的な近さも魅力の一つです。海外進出は遠く離れた土地への商品輸送や、マネジメントを行いますが、それ自体がコストとなります。
大都市は賃金が上昇してきましたが、それをカバーできるほど輸送コストは安く抑えられます。 また運送に要する「時間」も大切です。進出企業にとって発注から納品までの時間の短縮は、在庫管理に影響する重要事項です。

積極的な誘致政策

中国政府は「開発区」を進めており、外国企業の誘致に積極的になっております。
地域によって異なりますが、法人税が半分の10%に減税される・国債、配当などの権利収入の免税などのメリットがあります。
また、外商投資産業指導目録(新目録)において奨励類に該当すれば、企業所得税の免税・減額や、一定の条件を満たす自家用設備等の輸入にかかる関税が免税になるなど税制面での優遇措置があります。
進出企業は自社の業種が新目録に該当するかをよく確認してから進出を検討することが望ましいです。

中国 進出の注意点

複雑な会社設立手続き

中国では会社設立から一般的な手続きまで煩雑なものが多く、進出するまでに幾つものプロセスを経なければなりません。 また、手続きが完了しても事前の通告がなく法規・政策が変わってしまうことも少なくありません。 そのため、情報に対して常にアンテナを張っている必要があります さらに、外国製品に対する規制が厳しいなどの理由で、撤退を余儀なくされる企業が多発しております。

撤退の困難さ

中国からの撤退は困難であるといわれています。 世界銀行と国際金融公社(IFC)が発表したビジネス環境ランキング2015によると、「事業の撤退のしやすさ」は日本では2位に対し、中国は53位となっています。
その結果撤退を想定せずに進出を行った企業が撤退をする際に、想定外の多額の損失をこうむることも少なくありません。
例えば、会社を解体するとき、日本の退職金は労使間の契約取り決められるため、支払われないケースもあります。 しかし、中国では法定により、労働者の権利として保障されているため、企業は支払い義務があります。 また、法律・政策が通知なく変わるため、専門家との定期的な支援を受けることが望まれます。

中国 進出 最新情報

中国 進出セミナーサンプル動画

セミナー情報

[東京]
2018年7月23日(月)
TQM(Total Quality Control 総合品質管理)セミナー セミナー詳細

関連サイト

今すぐ無料お試し! ※お問合わせいただいた方の中から毎月抽選で15名の方に『海外直接投資の赤本シリーズ』より1冊もしくは海外直接投資データベースWiki Investment年間購読(10,800円相当)を贈呈します。
ニュースレター申し込み