全国対応可

東京 | 横浜 | 名古屋 | 大阪 | セミナー情報

03-5369-2930お電話 お問合せ
モロッコ進出支援

『インドの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化『モロッコの投資・M&A・会社法会計税務・労務』海外投資の赤本待望のデータベース化

今すぐ無料お試し!

Wiki Investmentが選ばれる4つの理由

ここまで出来る!!

  • 海外投資の赤本を完全網羅︕
  • 最新実務に対応したQ&Aを掲載︕
  • 常に最新の法改正に対応︕
  • 最新情報をメールマガジンにて配信︕
今すぐ無料お試し!

モロッコはアフリカ大陸の北西に位置し、地中海入り口のジブラルタル海峡に面しており、EUとアフリカを結ぶ海の要所であり、隣岸のスペインとは14kmしか離れておりません。東京コンサルティンググループは、世界26カ国44拠点を展開する専門家集団です。会計・税務・法務・労務の専門家として、貴社のモロッコ進出を支援し、モロッコビジネスの成功を全面的にサポートします!

モロッコ進出のメリット

豊富な資源

モロッコ進出のメリットは、豊富な資源にあります。世界のリン鉱石の75%の埋蔵量を保有しており、2014年には採掘量世界第2位となっています。また、コバルト鉱など他の鉱物資源の産出量についても、世界トップクラスの水準にあります。さらに、地中海だけでなく大西洋にも面していることから、漁業はもちろんのこと海洋における天然資源にも注目が集まっています。

大きなマーケットと成長するマーケット

モロッコ進出の最も大きな魅力は、購買力あるマーケットだと言えます。アフリカから見るとEUへの貿易窓口として、非常に重要な土地となります。特にモロッコ国内の製造業は、元宗主国であるフランスやスペインなど、対EUが輸出全体の約60%を占めています。 またEUから見るとアフリカ進出の第一歩として大切な要所になります。モロッコは一人当たりのGDPが約3,000ドルとされ、消費市場として期待されています。豊富な資源と先述の立地から、アフリカ市場への玄関として、EUから相次いで企業が進出しています。 モロッコ進出は、先進国の連なるEU市場と、これから発展していくアフリカ市場の同時進出を狙うことができます。

政府主導の自由経済

モロッコ政府は外資誘致に積極的に取り組んでおり、様々な進出インセンティブを用意しています。例えば、外国投資家は一部の例外を除いて、ほぼ国内投資家と同等に投資することができます。 また、6つの奨励業種を定め、それに基づいてフリーゾーン(税制優遇ゾーン)が整備されました。フリーゾーンでは地域にもよりますが、以下のような優遇措置を受けることができます。(一部抜粋)

  • ・輸入関税免除
  • ・関税手続き簡素化
  • ・法人税:5年間免除、その後20年間8.75%に減税、輸出一般制度に基づき17.5%の適用
  • ・個人所得税 5 年間免除及びその後20年間 80%免除
  • ・土地取得に関する登記税免税・職業税(Taxe professionnelle)15年間免除
  • ・付加価値税(VAT)免除 ・利益や資本を自由に本国に送金可能

フリーゾーンには地域により奨励業種が異なりますので、進出する業種と地域のすり合わせが必要になります。
モロッコの主なフリーゾーンは以下の通りです。(一部抜粋)

  • ・タンジェ・フリーゾーン(TFZ):自動車部品、電子、航空、農水産・食品、繊維等
  • ・アトランティック・フリーゾーン(AFZ):PSA工場、自動車部品
  • ・ヌアサー航空産業フリーゾーン(MIDPARC):航空機関連部品

が多数進出し、大きな成果を生んでいます。

モロッコ進出の注意点

インフラ開発の遅れ

モロッコ進出の際の注意点は、道路や電力施設の不足が挙げられます。世界銀行が発表する「Doing Business 2017」によると、総合で68位にランクインし、アフリカにおいて比較的高い水準にあります。
しかし勢いのある経済成長に対して、インフラ整備が間に合っていないというのが現状です。例えばモロッコの電力需要は、1年当たり5-8%増加しています。しかし、エネルギーの95%を輸入に頼っているのが現状です。

脆い収益構造と双子の赤字

モロッコのGDPは約20%が農業で構成され、就労人口の約40%が従事しています。しかし、この内の9割が灌漑設備無しで運用され、天候(豪雨・干ばつ)によって不規則に変動します。また、先述の通りエネルギーの95%を輸入に頼っており、為替や資源価格の変動により、大きな影響を受けます。
このため財政赤字と経常赤字の「双子の赤字」に悩まされています。財政赤字の規模は2014年に449億ディルハム、対GDP比は4.8%と高い水準にあり、喫緊の課題と言えます。モロッコに進出する企業はこうしたマクロ的な経済の不確実性を認知しておく必要があります。

アフリカリスクと制度

モロッコは、独立以前はフランスの植民地でした。フランスは確立された法典を持ち、この影響を受けて、モロッコの法制度は少なくとも法文上は比較的整備されています。しかし運用の実態は紛争解決や手続きなど、煩雑で時間のかかるものが多いと言われています。また、教育システムが確立されておらず、識字率が未だ7割程度など、質の良い労働者が少ないとされております。
近年のモロッコは、インフラ関連の企業が進出していますが、モロッコ設備・運輸省が行う公共事業の入札は、国内事業者が優先されます。また、農地の購入が禁止されており、国営リン鉱石公社(OCP)が独占するリン鉱石の開発・採掘等への参入・資本参加が禁止されるなど、進出業態によってはメリットを受けられない参入障壁が存在します。

セミナー情報

[東京]
2018年5月25日(金)
「メキシコ進出セミナー 〜メキシコ現地における会社法、会計・税務、労務 実務で注意すべきポイント〜」 セミナー詳細

関連サイト

今すぐ無料お試し!