全国対応可

東京 | 横浜 | 名古屋 | 大阪 | セミナー情報

03-5369-2930お電話 お問合せ
ベトナム進出支援

会社設立・登記 |ベトナム進出コンサルティング

ベトナム会社設立(現地法人・駐在員事務所)代行サービス

ベトナム会社設立は、ベトナムで10年以上実績のある私たちにお任せください!


ベトナムは大きく市場が成長することが見込まれ、日系企業の進出が加速しています。しかし、経済の発展に法整備が追い付いていないのが現状で、制度と実務の乖離により思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。 弊社は、日本とベトナム双方に専門スタッフを常駐させており、迅速かつきめ細やかなサービスを強みとしています。豊富な実績を持つ我々が、貴社のベトナムへの拠点設立をお手伝いします。
>>ベトナム駐在員ブログはこちら
ベトナムの投資・会社法・会計税務・労務
好評発売中!
詳しくはこちら

ベトナム会社設立代行コンサルティングフロー

 

ベトナム進出・現地拠点・会社設立のご相談およびお問い合わせ。進出・現地拠点・会社設立のご相談およびお問い合わせ。

      

貴社ベトナム進出・現地拠点・会社設立のご相談およびお問い合わせ。会社設立に関しての予算、各種手続きのご相談。
※進出に必要な情報(市場調査、進出形態決定等)のご提供。

      

貴社ベトナム進出・現地拠点・会社設立のご相談およびお問い合わせ。会社設立決定。

      

貴社ベトナム法人(駐在員事務所、支店、現地法人)登記申請。
※弊社にて会社設立・登記代行致します。

      

貴社ベトナム法人事務所設立完了。
※弊社提携不動産会社からオフィスや社宅などをご紹介致します。

ベトナムへの会社設立形態

<ベトナムへの会社設立形態>
ベトナムの統一起業法により、ベトナム進出企業の形態は上記の分類となる。

ベトナム現地法人

・株式会社
株式会社は、株主の責任が出資額に限定され、経営が取締役により行われる会社形態をいいます。 株主の数は最低3人となっており、上限はありません。また、株主は法人でも個人でもなることができ、株主は出資する株式の引受範囲内で責任を負うことになります。

・一人有限会社
有限会社は、出資者に委任された経営者が経営を担う形態です。出資者は組織でも個人でもなることができ、出資額の範囲内で責任を負うことになります。

・二人有限会社
出資者数が2人から50人までの有限会社を指します。


<ベトナム会社設立形態別の特徴>
項目
株式会社
有限会社
一人有限会社
二人有限会社
出資者数 3名以上 1名 2名~50名
資本金の 増減 増資・減資可能 原則、減資不能 投資・減資可能
会社形態の変更 有限会社に変更可能

二人以上有限会社と株式会社に変更可能

一人有限会社と株式会社に変更可能

また、外国企業(日系企業等)がベトナムに事業進出をする場合、主に以下のような進出形態があります。

1.外国企業による100%出資の独資形態
2.外国企業とベトナム企業による合弁形態
3.BCC(事業協力契約)、BOT(建設・運営・譲渡)契約、BTO(建設・譲渡・運営)
契約およびBT(建設・譲渡)契約形態
4.株式購入、合併・買収による間接投資形態
5.その他


1、独自形態
独資形態には、株式会社、有限会社、合名会社、私営企業の4種類があります。
上述の通り、株式会社は、株式を発行することにより委任された経営者が実際の経営を担う形態であります。 株主の数は最低3人となっており、上限はありません。
株主は組織でも個人でもなることができ、株主は出資する株式の引受範囲内で責任を負うことになります。
有限会社は、出資者に委任された経営者が経営を担う形態です。出資者は組織でも個人でもなることができ、出資額の範囲内で責任を負うことになります。 私営企業は、個人一人が出資し、設立する組織形態です。個人の全財産まで責任を負うことになります。 合名会社は、会社の共同所有主として、共同経営する合名社員2名以上によって設立する形態です。 合名社員は、共同で全債務の返済義務を負うことになります。


2、合弁企業
ベトナム国営企業や民間企業と外国企業が共に出資し、合弁契約に基づいて設立される企業形態です。出資者は、出資比率に応じた責任を負うことになります。現地の人脈や知識、技術が必要なときに有効な企業形態です。ただし、外国企業が、100%の経営権を取得できないことを考慮する必要があります。


3、BCC(事業協力契約)、BOT(建設・運営・譲渡)契約、BTO(建設・譲渡・運営)契約
 BCCは、ベトナム企業と外国企業が締結した事業協力契約に基づき事業を行う形態であり、法人格はありません。当形態は、短期間で実施する事業や政府が規制している特定事業を行う際に用いられることが多いです。
BOT(Built-Operate-Transfer)契約: 権限を有する政府機関と投資家が一定の期間にインフラ・プロジェクトの建設・運営のために締結し合う契約です。期間の満了後、投資家はベトナム国家に当該インフラ設備を無償で移転することとなっています。

4、間接投資(株式購入、合併、買収)
 投資家が投資事業の運営へ直接参加せず、ベトナムで操業している企業に対し、資本搬出や株式、社債及び法律の規定する各種証券を購入することにより、間接的に資金支援を行う形態や、証券投資基金等の財務制度を通じた投資形態を指します。


5、その他
 その他には、委託加工、建設工事・据付契約、技術移転契約、販売店・代理店契約等の形態があります。


ベトナム現地法人設立手続き

ベトナムでの支店の設立は法人設立に比べ、簡易であり、最短15日で設立が可能です。ベトナムで支店設立を申請する外国投資家は、自国における親会社の登記日から起算して、5年以上活動を行っていることが条件になります。活動内容は、支店の定款に定める活動に限定されます。


設置手続き:
下記必要書類を所轄の商工省へ提出し、審査を受けます。書類上不備がなければ原則15日後に設置許可証が発行されます。
【必要書類】

  • 商工省(MOIT)に定められた申請様式
  • 外国法人の登記謄本または同等書類のコピー
  • 外国法人の監査済の財務諸表または同等書類(直近のもの)
  • 外国法人の会社定款のコピー
    ※支店は、許可証を取得した45日以内に、新聞等を通じて設置を広告する義務があります。また、定期的に所轄の商工省(MOIT)に年次報告書を提出します。


    ②資許可申請:「審査」を受けた上で投資証明書を取得
    投資額が3000億ドン以上の場合、投資許可申請に加え、案件に応じて首相、計画投資賞(MPI)、人民委員会、工業団地委員会と決定権者が異なります。書類の受理から45日以内に投資証明書が発行されます。 ※3000億ドン=11.91億円 1ドン=0.00397円(2011年3月31日現在)
    【審査内容】

  • 外国投資家およびベトナム側当事者の法的資格および財務的基盤に異常の是非
  • 投資プロジェクトと投資計画との整合性の是非
  • ベトナムへの社会経済的貢献度の是非
  • 天然資源の有効活用
  • 生態環境の保護の是非等

    >>>ベトナム会社設立に関するお問合わせはこちら

  • セミナー情報

    [東京]
    2018年5月25日(金)
    「メキシコ進出セミナー 〜メキシコ現地における会社法、会計・税務、労務 実務で注意すべきポイント〜」 セミナー詳細

    関連サイト

    今すぐ無料お試し!