久野康成公認会計士事務所 | 東京コンサルティングファーム

Japanese | English


TEL : 03-5369-2930
Tokyo Consulting Firm

メキシコにおけるM&Aの動向

M&Aの動向

 メキシコにとって日本は、アメリカ、中国に次ぐ3番目の取引大国です。近年では、自動車やエレクトロニクス、インフラ等の日本企業が、メキシコ国内に会社を設立し、活発に事業活動を行っています。メキシコ政府は2012年に約800億円の円建サムライ債の売出を行いました。主な投資家は日本の大手銀行のため、メキシコ経済における信頼度が高いと考えられます。メキシコはその他のラテンアメリカ各国の中でも、連邦、州政府がさまざまな優遇規定を提供して、自動車等の産業の投資を促進しています。対内投資規制を受ける事業は限定されているため、メキシコは多くの国からの投資の増加がさらに期待されています。
次のグラフは1991~2013年の間に、メキシコで行われたM&Aのうち、公表されている件数および金額の推移を表したものです。


■日本企業のM&A事例
日本企業による中南米企業の買収(In-Out)の件数は、2011年は
14件、2012年は24件、2013年は14件あり、そのうちメキシコに対するM&Aはそれぞれ0件、3件、0件です(レコフ調べ)。日本企業によるメキシコ企業のM&Aは、件数は多いとはいえませんが、ここ数年の平均3%を超える安定した経済成長率や海外投資の活発化傾向から見ても、今後はさらに増加することが予想されます。
次表は、2012年に行われた日本からメキシコに対するM&Aの事例です。

 


メキシコにおけるM&Aトピック

1. M&A に関する法律・規制

2. M&A に関する税務

3. M&A スキームの基本

 

メキシコのM&Aサービス

メキシコ企業のM&A・デューデリジェンス支援業務フロー

経営・財務リスクの発見
         ↓
各種手法を用いた企業価値の算定
         ↓
ターゲット企業との価格交渉
         ↓
プロジェクトチームを組んで財務デューデリジェンスに対応いたします。

当グループの国際M&Aを専門に取り扱っている株式会社東京ベンチャーキャピタルと連携して行っております。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

株式会社東京ベンチャーキャピタルホームページはこちらへ


こちらに掲載されている情報は一部古いものもあります。
最新情報はこちら↓

TCFのサービス

フィジビリティスタディ・市場調査/会社設立・登記/人材紹介・人材派遣サービス/人事労務サービス/
会計税務サービス/M&Aサービス/セミナー情報/その他のサービス

TCFトップ │ グループ概要 │ 採用情報 │ お問い合わせ