久野康成公認会計士事務所 | 東京コンサルティングファーム

Japanese | English


TEL : 03-5369-2930
Tokyo Consulting Firm

海外進出企業を現地法人で安心・安全のサポート

東京コンサルティングファーム

ケニアはアフリカ大陸の中でも東に位置し、海に面しているため、大きな港という経済インフラも整っています。こうしたことから東アフリカ・中央アフリカにおける重要なハブとして世界でも優良な投資対象国として注目されています。ケニアの特徴はマサイ族など42の部族が混在する他民族国家でありながら、国民の7割がキリスト教徒であり、近年では大きな民族対立もなく成長を続けています。弊社はアフリカ大陸の4社を始め、海外27カ国に展開するコンサルティングファームであり、会計・税務・法務・労務の専門家として貴社のケニア進出を支援いたします。

ケニア進出のメリット

ケニアの経済はイギリスから独立して以来右肩上がりの成長を続け、現在では東アフリカのGDPの40%を担うほどの国家として成長しました。 海に面したケニアは東アフリカ・中央アフリカへの経済・物流・商業の重要なハブとして、世界から注目されている国です。また、肌の色に関係なく教育を行うという国策方針からアフリカ内でも比較的高い教育を受けた労働力を持ち、人口も右肩上がりに増加しています。さらに多数の国と多数の貿易協定を結んでおり、多くの物流網や関税の減税プログラムの下、輸出における大きなメリットを享受しています。こうしたことから、ケニアに進出すると、ケニアの市場だけでなく、東アフリカ・中央アフリカへの進出の大きな足がかりを得ることができます。

ケニア進出のデメリット

ケニア進出の際に最も気をつけるべきことは、政治腐敗度の高さが挙げられます。経済発展過程とはいえ、手続きの不透明性や急な法改正など、進出や投資には大きなリスクを伴うことになるでしょう。また、日本人を駐在させる場合には、衛生面も気をつけなければなりません。浄水技術が低く、水道料金よりも高い水を購入しなければなりません。こうしたリスクを避けるには、信頼できるパートナーを選び、立地・物流のリスクを事前に調査することが求められます。

TCFのサービス

ケニアフィジビリティスタディ・市場調査

ケニア進出のために新規海外事業の需要分析・コスト把握による事業計画の立案から、提携先・買収先の探索、タイ視察ツアーの手配、工業用地・オフィスの選定など、現地スタッフが最適なサービスを提供します

 

ケニア 会社設立・登記

ケニアでは、経済の発展が著しく優秀な人材の確保が難しいということが常に経営課題として挙げられています。当社は、独自のネットワークを用いて、ニーズに合った人材のご紹介・派遣を行っております。予め日本人スタッフがスクリーニングを行っているので安心してご利用頂けます。

ケニア 人材紹介・人材派遣サービス

ケニアでは、経済の多様化は進んでいるものの、教育の遅れにより優秀な人材の確保が難しいということが常に経営課題として挙げられています。当社は、独自のネットワークを用いて、ニーズに合った人材のご紹介・派遣を行っております。予め日本人スタッフがスクリーニングを行っているので安心してご利用頂けます。

 

ケニア 人事労務サービス

海外展開の成功に「人」のマネジメントが最も大きなポイントになります。ケニアでは労務管理が日本と異なる部分が多く存在します。雇用契約書の作成、就業規則の作成から人事計画の構築まで、ケニアに進出する上での労務問題を解決に導きます。

ケニア 会計税務サービス

当社では、ケニア現地での税務申告や監査に留まらず、日本語での親会社様への迅速な月次決算報告・指摘を行い、ケニア事業の経営課題を明確にし、御社の進出をサポートいたします。

 

ケニア M&A

海外進出の形態の一つとしてM&Aがあります。スピードが要求される現在において、必要なリソースを一度に獲得できるM&Aは非常に有効な手段であるといえます。日本・ケニア双方に拠点を置く当社では、幅広い選定先の中から貴社のニーズにあった企業を選定します。

ケニア 翻訳サービス

ケニアにおいて必要となる契約書、定款、就業規則、財務諸表などの専門文書を中心に法務・会計税務・労務に特化したビジネス翻訳サービスを低価格で提供いたします。

 

ケニア その他サービス

ケニア現地でのビジネス展開・生活をされる過程では、様々な問題・ニーズが発生してくることと思われます。現地駐在員の持つネットワークを駆使して包括的な総合サービスを提供します。



こちらに掲載されている情報は一部古いものもあります。
最新情報はこちら↓

TCFトップ │ グループ概要 │ 採用情報 │ お問い合わせ