English 中文

03-5369-2930
メールでのお問い合わせ

HOME グループ概要 経営理念 実績 セミナー 採用 書籍 お知らせ

セミナー

セミナー一覧 > 日本側担当者が知るべきインド管理の落し穴と対応事例

日本側担当者が知るべきインド管理の落し穴と対応事例


 
講師プロフィール
長坂 佳典ながさか よしのり

2012年4月東京コンサルティンググループ入社。保有資格:会計士試験短答式合格、日商簿記1級、税理士試験簿記論。1年間、社内管理部にて経理及び法務を担当した後、2013年5月より国際事業部へ異動。同年6月より東京コンサルティングファームインド法人へ赴任。インド西部地区(ムンバイ・プネ)のマネジャーとして現地日系企業に対する会計税務サポートを行う。

セミナー概要

当セミナーでは、インド事業を行なっている企業の日本側担当者向けに、知っておくべき知識の確認とクライアントから寄せられる質問に対応した事例を紹介いたします。インドでは「知らなかったから」ということが非常に大きなペナルティを生み、リスクとなります。また、多くの日本側担当者がそのことで頭を抱えていることも事実となっています。
当セミナーにおいては、そのような様々な日本側担当者の方から寄せられた質問に対して対応を行ってきた事例や解決策についてご紹介させて頂きます。他社の事例を知ることによって自らの企業の状態を確認することが出来るように、実施させて頂きます。
本社としてのコンプライアンスを守るうえでも、会社としてやっておくべき対策を共に講じることが出来るよう、有益な情報を提供させて頂きます。

セミナー内容

1.2017年の法改正論点と対応例

(1) 2017年インド予算案
(2) GST改正 等

2.日本側担当者が留意すべき点
(1) 税務
a. 直接税
法人所得税
個人所得税
源泉税 等
b. 間接税
サービス税
販売税(VAT/CST)
物品税
関税 等
(3)コンプライアンス
コンプライアンススケジュール
取締役会や株主総会
法人閉鎖

受講対象者

受講対象者

・進出後の企業が経験したケーススタディに興味がある方。
・インド進出後における各ビジネスリスクに興味がある方。
・インドへ進出済み企業のご担当者様
・インド進出後まもない企業のご担当者様 など
など 奮ってご参加頂ければと思います。

期待効果

実際のインドビジネスにおけるケース事例をすることで自社が抱えるビジネスリスクの再認識や気づきを得ることができます。本セミナーの事例をもとに、各企業様におかれましては具体的な内部統制の改善や本社もしくは現地における内部監査事項の確認、リスク管理の強化を行うことが可能です。

■日時
日時 2017年10月16日(月) 19:00~21:00  開場 18:30
会場 東京コンサルティンググループ 東京本社 オープンフロア
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-3 AMビルディング7階  ⇒地図
参加費 2,000円
お申し込み

問い合わせフォームのセミナー名に、 「日本側担当者が知るべきインド管理の落し穴と対応事例 10/16)(東京)」 とご明記の上、お名前、連絡先をお書きになり、お送りください。
※都合により開催日時、会場、内容の変更または開催を中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。
※なお、誠に勝手ではございますが、同業他社様からのお申し込みはご遠慮ください。
※その他ご質問等は、お気軽にお問い合わせください。【電話:03-5369-2930】

最新書籍

海外投資の赤本―海外直接投資の実務シリーズ― 『中国の投資・M&A・会社法・会計税務・労務』

詳細を見る

  

セミナー情報

[東京]
2017年10月16日(月)
日本側担当者が知るべきインド管理の落し穴と対応事例
セミナー詳細        

2017年
「働きがいのある会社」に
選出されました

関連サイト