マニラのコンビニ事情

 

皆さん、こんにちは!
フィリピン・マニラ支店の野島です。

日本では昨今、24時間営業問題やセブンペイ問題などコンビニ業界がニュースになることが多いですね。

今日はそんなマニラでのコンビニ事情について書いていきたいと思います。

 

マニラにあるコンビニは、、
セブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート、ローソンと日本でもお馴染みのコンビニがほとんどです。

店舗数では
セブンイレブン 2664店
ミニストップ 508店
ファミマ 76店
ローソン 55店
(2019年6月現在)

とセブンイレブンが圧倒的ですね!
この中ではローソンが一番後発なのですが、フィリピンの大手財閥の物流企業と業務提携をして、最近急拡大をしています。

 

コンビニの中にあるものとしては、日本とほぼほぼ変わりません。
日清のカップラーメンとかもあります!

フィリピンのコンビニの特徴としては、ほとんどのコンビニにイートインスペースがあることです。
店舗によってはテラス席もあったりします。

あとは、レジ前にバナナが置いてある!

などなど日本とは少し違ったこともありますが、日本でも馴染みのあるコンビニがたくさんあるので、安心ですね。

 

PS セブンの中にミスタードーナツのコーナーがあります

次月もお楽しみください。

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited
【フィリピン・マニラ】野島洋孝

関連記事一覧

各国体験談