「私がミャンマーで働くことを決めたわけ」

 

ミンガラーバー!
ミャンマーに4月から赴任しています、西野由花です。

新卒でこの会社に入り、初めての職場がこの魅力と熱意溢れるミャンマーとなりました。
どんな一年になるのか、不安もありますが今はそれ以上にわくわくしています!

記念すべき第一回目のブログということで、
まずは私がなぜ海外赴任をしようと思ったのか、
何をミャンマーで成し遂げたいのか、
ということをお話ししたいと思います。

私は社会人として
企業や組織がグローバル社会で「多様性を内包しながら成長していく」手助け、
多文化共生社会の手助けをしたいと思っています。
世界中でグローバル化の波が押し寄せている今、
日本でも外国人労働者へのビザの規制緩和が決まりました。
しかし、その一方でナショナリズム的な声が世界の各地であがり
人種や宗教に起因する悲しい事件も後を絶ちません。

そんな中で、私はさまざまな価値観を持った人々が一つの理念を共有し、
組織の中で共同するための課題解決をしたいと思うようになりました。
働く環境が多文化になり共存していくことができれば、
グローバル化にも寛容になり、それは職場を超えて日々の生活にも広がると思います。
もし、家族と共に外国に駐在すれば多文化へかかわる機会はさらに増します。

そんな思いから、私はこの会社で日本企業が他国へ進出する手助けをしたい。
彼らの問題を解決し、新しい文化に受け入れられる日本企業にしていきたい。
そして果てには日本そのものをグローバル社会の中に生き生きと存在する国にしたい。
そんな風に思うようになりました。
そして、そんな目標を達成するためにも
自分も多様性の中で働き、
日系企業の進出の手助けと同時に
様々な考えの人をまとめられるようにならなければいけない。
それは今すぐに経験することで、私の今後の目標により大きな意味を与えるだろう。
そんな風に考え新卒での海外赴任を決めました。

(designed by Rawpixel.com – Freepik.com)

ミャンマーでは多くの日本企業の方と出会う機会があります。
私は

できるだけ多くの日本企業の方と出会い、
その企業の悩みを見つけ、解決していくこと、
現地のミャンマーオフィスで組織の一体感を推し進めること

これらを目標に
ミャンマーへの知識を深め、
進出を検討している企業様が安心して進出できるためのサポートをしていきたいと思います。
これから一年、精一杯やり切れるように頑張ります!

来月はミャンマーってどんなところなんだろう。どんな生活をしているんだろう。
そんなミャンマー基本情報についてお送りしたいと思います。

ありがとうございました!

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited

【東京コンサルティングファーム・ミャンマー拠点】
西野由花

関連記事一覧

各国体験談