大検証!シンガポールとマレーシアの中華街

こんにちは!マレーシアに赴任中の佐々木です!

私、大の中華好きなのです!アナザースカイに出るとしたら、北京を選びます(笑)

そんな私ですが、実はマレーシアに来てからというもの、

中華街に最近まで行ってなかったことに気が付きまして!行ってきました

なんと、その前に出張でシンガポールへ!幸運なことにシンガポールの中華街にも行けましたので、比較しながらご紹介します(笑)それでは、中華街の旅へ

中華街は日本にも存在しますが、その国々によってローカル化されているように感じます。

例えば、こちらのワンタンミー。中華料理というよりはマレーシアチャイニーズの料理でしょう。代表的なチキンライスもそんな味がします。

写真1(ドライワンタンミー)

写真2(スープワンタンミー)

横浜中華街の料理はどうでしょう。私には正直かなり日本人受けの良い味に変わっているように感じて、中華料理を食べたいから、中華街に行くという発想には至りません。

四川料理や山東料理と、小さいエリアに中国の地方料理が固まっていますね。

写真1(麻婆豆腐;四川料理)

写真2(水餃子;山東料理のお店)

シンガポールでは中華街っぽくない中華街の姿がありました。

写真1(街の雰囲気)

料理の味はかなり中国本土の味に近いと感じました。

また、肉骨茶(バクテー/パクテー)はシンガポールの伝統的な料理になります。

スパイシーだけどおいしい一品です。

シンガポールに来たら食べましょう!

このように各国ではいわゆる華僑と呼ばれる中国人たちや、中華系の人たちがチャイナタウンなどで腕を振るっています。

マレーシアのチャイナタウンで感動したのが“豆腐花”

嬉しくなって、日本にいる中国人の友人に写真を送ったら、“食べたい!”と即返答が返ってきました。懐かしくなる中国の味が感じられます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今後もどんどんマレーシアの生活をご紹介していきます!

Tokyo Consulting Firm Limited
【マレーシア拠点】佐々木海翔

関連記事一覧

各国体験談