インドネシア体験記「インドネシアNewsから考える~働くとは??~」

Selamat Siang!!
インドネシアの中村です!

インドネシアでは第2期ジョコ政権が始まり、
新しくgojek創業者のナディム氏が入閣しました。

Gojekはインドネシア国民の足でもある
Grabやuberのようなタクシー配車アプリを運営するスタートアップです。

政治家と企業経営者が混ざり合うことによる負の部分もあるかもしれません。
しかし、ジョコビ大統領が2045年には先進国入りを宣言するように、
先進国入りのための1つ「デジタル国家」を達成のためにも、人事でナディム氏をあげたとのこと。面白い。
日本などでは、スタートアップ企業経営者だった者が入閣した事例などあまり聞いたことがありません。
政治家と企業経営者が顔を突き合わせて、インドネシア未来のために動く…夢いっぱい、これからインドネシアがどんな国になるのか楽しみで仕方ありません。

インドネシア・ジャカルタでは9月末から10月頭にかけてデモもありました。
理由は9月19日に可決された改正KPK(汚職撲滅委員会)法の事実上、格下げする内容になっていたにも関わらず、わずか2週間の審議で可決されてしまったことです。
これまで汚職撲滅員会は、数々の汚職政治家を逮捕してきた実績もあります。
突然の格下げ決定に国民の不信感が如実にあらわになりました。

このデモ参加者の多くは学生でした。
日本ではあまり見かけない光景です。
彼らの政治に対する好奇心の高さ、そして意見をしっかりと行動に移すそのパワーには恐れ入るところがあります。

私たち日系企業はまがりなりにも、インドネシアで働かせてもらっている身でもあります。
私たちがこのインドネシアでビジネスをし、税金をインドネシアに収め、そしてインドネシア人であるナショナルスタッフたちと一緒に働く中で、私たちはもっともっとインドネシアへの貢献を意識していきたいところです。

インドネシアはどうなっていくのかな…と身を任せるだけでなく、
私たち日系企業もみんなインドネシアを作っている人間であること。
インドネシア経済に、良い意味での影響を与える者になっていくべきであること。
それは別に戦争時代にあったような侵略とかそういうものではなく、、

社会やお客様に何を与えるのか、繰り返し繰り返し思考をめぐらすことは、
社会人である私たちの義務ともいえそうです。
日々の仕事で忘れがちなこと、忘れないようにしていきたいです。

写真は全然関係ありませんが、インドネシアオフィスの皆でちょっと贅沢な五つ星ホテルのディナーを食べにいった写真です。(笑)
ぜひインドネシアオフィスに皆さん遊びにきてください!!

 

 

 

Tokyo Consulting Firm Limited
【インドネシア拠点】中村文香

関連記事一覧

各国体験談