【日本食レストランに行ってみた!!!~バンガロールでもLet’s Smile~】

 

नमस्ते (ナマステ)!! みなさん、こんにちは!
क्या हाल है? (キャー ハール ハエ?) お元気ですか?

東京コンサルティングファーム インド・バンガロール支店インターン生の古川泰加です。

 

バンガロールに来てからもう3か月が経ちました。生活にも慣れてきて、交通量が多いのも自分の中で当たり前になってきました。大きいクラクションの音にはびっくりしてしまいますが。そんな生活の中で楽しみの1つはやっぱり食事です(笑)最近、ビリヤニとカレーのどちらかを毎日1食は食べている気がします。もちろんビリヤニやカレーだけではなく、様々なレストランがオフィスの近くをはじめあります。

 

7月号の体験記では、【日本食レストランに行ってみた!!!~バンガロールでもLet’s Smile~】をお届けしようと思います。

 

バンガロールにはいくつか日本食レストランがあります。お会いした日本人の方たちから話だけ聞いていて存在だけは知っていたのですがなかなか機会もなく訪れることができていませんでした。そんな中先日、土曜日出勤を終え拠点長と日本食レストランに行きました。インドは、第1第4週土曜日は出勤日となっているので1週間の勤務終わりに美味しいもの食べたくなりますよね(笑)日本食が恋しいというわけではないのですが、日本食レストランってどんな感じ何だろうと思っていたのでワクワクしました。

 

その日はあまり混んでいなかったのですが、インド人の方が何組かお店にいて日本食レストランに来るのは日本人だけではないのだなと感じました。

メニューの表紙は写真のように日本語でデザインされており、メニューは英語で書かれていました。多くのメニューがありどれも美味しそうでした。

 

撮り忘れてしまったのもあるのですが、今回食べたのはこんな感じです。どれも美味しかったです。頼みすぎてお腹いっぱいになるくらい満足感がありました。

 

また、店内に貼ってあるチラシも英語と日本語表記となっていました。例えば、営業時間のお知らせや麦茶のサービスのお知らせ。多くのお店では、水を提供されますがここでは日本を感じるお茶が急須と一緒に出てきて温かみを感じることができました。また、日本の漫画や日本語冊子も店内にはおかれていて自由に読めるようでした。

1つ1つの料理の値段は、200-500インドルピーと設定されているものが多かったです。決して安いというわけではないですが、日本人駐在員の方たちがふとした瞬間に来るのもわかるような気がしました。

 

機会があったらスタッフと一緒に日本食レストランに今度行ってみたいなと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました!!!

 

 

東京コンサルティングファーム
インド・バンガロール支店 古川泰加

関連記事一覧

各国体験談