【シンガポールで見つけたラーメン】シンガポール・インターン体験記

こんにちは。シンガポールインターンの館です。

 

シンガポールのフードコートにあった珍しい食べもの第一弾、
Lor mee(ローミー。中国語で鹵麵)という麺のご紹介です。一杯約300円ほど。

 

一般的な中華麺に、ちょっとしょっぱい、あんかけのようなものがたっぷりかかっており、それをかき混ぜて食べます。写真下部の具は餃子です。写真上部の白く見える部分はおろしにんにくで、カウンターにおいてあるのを好きなだけ入れることができます。シンガポール人も例外なくたっぷり入れてます。僕は試しませんでしたが、友人はお酢を入れるのが好きなようで、たっぷりかけてました。

 

肝心のお味ですが、お察しのとおり大量ににんにくを入れたので、にんにくの味しかしませんでした。かなり大雑把な味でしたが、意外といけます。そしてなぜか、日本にいたときによく食べていた、二郎系ラーメンを思い出しました。

 

シンガポールには日本の有名なラーメン屋がたくさんあるのですが、その多くは一風堂に代表される博多とんこつや、しょうゆラーメンで、家系や二郎系のお店はないようです。しかも、そのほとんどは日本円で一杯約1300円もすることもあり、シンガポールでラーメンを食べる方は、日本と少し身なりが異なり、おしゃれな方が多い気がします。

 

意外と僕の周りには二郎系のファンが多いので、日本と同じ価格で、二郎系のお店を出したら成功するかもしれませんね。

関連記事一覧

各国体験談