【驚くほどの実感のない年越し】カンボジア・インターン体験記

あけましておめでとうございます!
カンボジアインターンシップ生の羽野です。

カンボジアに来て早くも3か月が経ち、あっという間に年末年始がやってきましたが、
この暑さ、そして盛り上がりのなさ(※カンボジアでは4月のクメール正月がメインのため)ということもあり、
全く年を越した感じがしていません。笑とは言っても
確かに2015年になっているので、

また今年も残りのカンボジアでのインターンを充実させるべく、「吸収」そして「発信」をしっかり続けていきたいと思います。

さて、12月末にスタッフが一人退職してしまったのと、インターンシップ生が一人帰国してしまったこともあり、新年明けた途端、一気に忙しくなりました。会計とは全く関係ない学問専攻のわたしは、やったことのない税務申告を先月のファイルと見比べながら進めていったり、ローカルスタッフにひたすら質問したりと、なかなか苦戦しております。

しかし、この「苦労する経験」こそ貴重なもので、このような「壁」を一つ一つ乗り越えていくことできっと自分の成長に繋がるのだと信じています。おそらく、何も苦労しなかったインターンシップより、苦労を経験し、壁を乗り越えた経験があった方が、充実していたと言えるに違いないと思います。そのため、今後もこのカンボジアでのインターンシップ期間に、できるだけ多くの、そして様々な高さ、形の壁にぶち当たり、それぞれ乗り越えていくなかで、自分の将来へと繋がる財産にしていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします!

関連記事一覧

各国体験談