【何もかも新しい毎日は刺激的】ミャンマー・インターン体験記

 ミンガラーバー!こんにちは。ミャンマーインターン生の深瀬です。

12月に入り、私のインターン生活も佳境を迎えております。残り1ヶ月をきったインターン生活、悔いのないよう過ごしていきたいと思います。

 

最近はお客様からいただいた市場調査のプロジェクトのお手伝いをしています。お客様を通してミャンマーに進出を考えている日系企業の市場調査を引き受け、調査をし、調査結果をお客様を通して日系企業に報告するという流れです。

企業の業種によって案件は様々であり、それによって調査方法も様々ですが、実際に調査を行うのはローカルスタッフなので、私がこの調査の伝達役です。いかにスタッフに企業の要望を理解してもらうか、そしていかに企業の要望に沿った調査結果を報告できるかがキーポイントになります。

日本語で受けた依頼を英語にし、その企業がどのような事業を展開しているのか、
ミャンマーでどのような事業をしたいのか、そして何を知りたいのかを伝えることは、ビジネス英語初心者の私にはかなり難しいです。しかしこんな未熟な私をスタッフはフォローしてくださり、お互い助け合いながら調査を進めています。

毎回反省点はありますが、今後いただいた案件もより要望に応えられるよう工夫していこうと思います。

 

 3ヶ月という短期間で、与えられた仕事をモノにすることがかなり困難であることを、ここに来て実感しています。

気候、食事、人、町並み、とにかく何もかも違って、
何もかも新しい毎日は私にとって受け入れることだけで精一杯です。
でもそんな毎日はとても刺激的で、今しかできない貴重な体験。

ミャンマーでの生活ラストスパートも駆け抜けていきたいと思います!

関連記事一覧

各国体験談