【学生の時のミャンマ―の貴重な体験】ミャンマー・インターン体験記

ミンガラーバー!こんにちは。
ミャンマーインターン生の深瀬です。

ミャンマーでの生活になかなか慣れ切れない私ですが、
毎日毎日を噛み締めながら過ごしています。
インターン生活も残り半分を切りましたが、
改めて学生のうちにミャンマーという地で仕事の経験を出来ることがいかに貴重かを感じています。

今回は休日に訪れたヤンゴン動物園についてご紹介したいと思います。

ヤンゴンの中心にあるカンドージ湖の南に位置するヤンゴン動物園は、ゆっくり1周するには丸1日はかかる大きさです。

なんといっても見所はカバ!
カバに餌をあげられるのですが、口が本当に近くまで来るのでかなり迫力があります。
餌を求めるカバはなんとも愛らしかったです。

次に注目なのがゾウ!
首輪に繋がれただけのゾウにも餌をあげられるのですが、柵もないので少し怖かったです。

ゾウに乗って散策できるということで、挑戦!結構揺れましたがそれがまた楽しかったです。
ちなみに大人のみで乗る人はいなく、他のお客さんからかなりの視線を感じました。

他にも、動物の檻の目の前にミャンマー人の家族が平然とレジャーシートを広げてお弁当を食べていたり、檻から出てる孔雀がいたり、園の1ブロックが鹿だらけだったりとかなり突っ込みどころ満載でした。それがまたツボでした。笑

娯楽の少ないミャンマーで個人的にトップくらい楽しいスポットです!
動物にあまり興味のない私でしたが、最後まで見切れない程夢中になってしまいました。

週に1日しか休みはありませんが、残りの貴重な休みも有意義に使いたいと思います。

関連記事一覧

各国体験談