カンボジアインターンシップ⑤

こんにちは、カンボジアインターンシップ生の羽野です。

プノンペンに来て早くも一ヶ月経ちました!日本はだいぶ寒くなってくる季節ですが、カンボジアは相変わらず暑く、その上雨季ということもあり毎日スコールで悩まされてます。

11月になると、少しずつ涼しくなり、最も過ごしやすい時期が訪れるそうなのでワクワクしているところです。笑

 

 では、本題。

今週の業務は、赤本のアップデートの他、財務省の案内の英語翻訳を行いました。原文はもちろん、「カンボジア語」です。

こんな感じです。カンボジア語を最初に見た日本人はみな「これは文字ですか?」と口を揃えて言いますが、文字です。そして私の業務は母語ではないこのカンボジア語からさらに母語ではない英語への翻訳という作業です。笑

 大学での専攻がカンボジア語ということもあり、日常会話や簡単な語彙についてはある程度知識を持っていたつもりでしたが、財務省の案内ともなれば話は別。持っていた知識じゃまったく太刀打ちできず、見たことない単語だらけの文を相手にひたすら辞書をひきつつ地道に翻訳していきました。もちろん、この業務はとても大変で苦労しましたが、日本でもなかなか目にかからない資料を実際にじっくり読むことができたのはとても貴重な経験だと感じ、さらに内容を理解するだけでなくそれを英文として文字におこすという大変な作業な分だけかなりの充実度がありました。

 結局最後は、難解すぎる文書に苦労する私を見るに見かねたカンボジア人スタッフの助けを借りての翻訳でしたが、自分の専門が活きたことを実感した業務でした!

関連記事一覧

各国体験談