【カンボジアで生活したい人必見】カンボジア・インターン体験記

こんにちは、カンボジアインターンシップ生の羽野です。

カンボジアに来て早くも1ヶ月が経とうとしています!!
あっという間です。

今回は、番外編としてカンボジアの食事、生活状況などについて紹介します。

海外で生活するにあたり、はやり食事の面や生活環境の面など、不安に感じることは多いかと思いますが、カンボジアについてこの一ヶ月で感じたのは以下の通りです。

1.食事  

「安い・美味い・ボリューミー」といったところでしょうか! 私がよく食べているのは下の写真の焼うどんのような料理。これで60円程度です。 朝からバリバリ働きたいときのエネルギー源としてもばっちりです!!  また、道ばたで売っているフルーツジュース、串焼き、大判焼き、焼きバナナ、揚げバナナなど日本人が好きそうなものも全て100円以下で提供されているので、食事に関してはお財布にもお腹にも嬉しい国だと感じています。  ところが、お腹がデリケートな人、海外生活が初めてという人の中には、屋台などローカルなお店で出される水や氷にあたる人もいるようです。私も心配してはいたのですが、いざ飲んでみたら全く問題ありませんでした!!ごくごく飲んでます。ちなみに生野菜も平気です。何でも食べてます!

 

2.生活環境
 
まず、一番問題なのが交通。プノンペンは特に人が多いため、渋滞がひどいです。バイクも車もトゥクトゥクも全て同じ道を上、横断歩道は会ってないようなもののため、道を横断するのでさえ一苦労、危険です。そのため交通事故も多いので外を歩く際は私も気をつけるようにしています。  また、犯罪に関して、ひったくりには気をつけろとよく言われます。外国人は特に狙われやすいようです。わたしは今のところ経験はないですが、周りの日本人でケータイをとられたりひったくりに会った人も少なからずいます。なので、外出するときは財布をポケットに入れてあとは手ぶらで出かけるのがベストです。笑    今回は食事、生活状況についてお話ししました。今後も番外編としてたまにこういった内容を更新する予定です、引き継ぎよろしくお願いします!

関連記事一覧

各国体験談