• HOME
  • 09安藤朋美(新卒海外研修)

支え合える社風

国際事業部 カンボジア(新卒海外研修)
安藤朋美(2018年新卒)

【高めあい支え合える社風】
嘘や綺麗事ばかりではなく、誠実に話をしてくれる社員、やる気を与え合い、助け合い精神がある社風に惹かれ、2018年新卒入社。入社と同時に、新卒海外研修にて、カンボジアに赴任。

― 新卒海外インターンに手を挙げた理由はどうしてでしょうか。
安藤:最初の動機は、普通に働くより何か面白い経験をしてみたいだけです。でも、私はもともと就活の時から「人を支える仕事」をしたく、会社の経営というのを体系的に知りたかったのと、経験して、それをお客様に提供できるようになりたいと思ったからです。

― TCGで仕事をしていて一番うれしかったことはどんな出来事でしょうか。エピソードを教えてください。
安藤:毎日新しいことばかりで、失敗もあったり、試行錯誤して仕事をしています。人事労務もわからないながらに、いろんな人に力を借り、知識を入れ、お客様先で一度、面談をしたことがあります。その時に相手の方が、なかなか人から意見をいただかないので、こういうの欲しいと思っていたんです!といわれ、「ありがとう」と言われた時です。やってよかったな、と思える瞬間でした。

シゴトの悩み

― シゴトの中でつらかった経験を教えてください。
安藤:正直、1年目で海外に出て、社会経験ゼロで仕事することは、辛い経験ばかりです。最初に一番辛いなと思ったことは、営業です。営業でのアポイントの仕方がわからない、訪問してどんな風に話せばいいのかわからない、、、などとわからないことばかりで、かつ人とのコミュニケーションって難しいな、と思った瞬間、営業電話もうまくいかず、辛かったです。

― どのように、つらかった経験を乗り越えたのでしょうか。
安藤:インターンの同期、インターンで海外にすでに赴任した他国の先輩方、拠点の上司、日本本社の先輩や上司の方々に、報・連・相を最初は特に頻繁にしていました。また、現地でも外部の日本人の方々と仲良くさせていただき、そういうところで相談させてもらったりしていました。いろんな所のいろんな意見を聞いて、たくさんの意見をいただき、それを自分なりにやってみたりして、少しずつできることを増やしていました。

Message

最初に手を挙げるのは、軽い気持ちでもいいと思います。海外で働くことは、日本で働くよりも視野が広がり、大きな可能性に触れることができると私は思います。その一方で、大変で辛いことや、理不尽だと思うことなど、たくさんあります。そういうときは、ぜひ、先輩方を頼ってみてください。TCGの人達は、絶対に助けてくれます。

会場(選択してください)

参加日(選択してください)

学年(選択してください)

説明会を知ったきっかけ(選択してください)

Google検索の場合 ⇒ 検索キーワード


※ 送信が完了しましたら、
  下部に次の「」の文言が表示されます。
「メッセージの送信は完了しました。」