【近いうちに急成長する国バングラデシュ】バングラデシュ・インターン体験記

はじめまして。

インターン生の齋藤かおりです。

今年の4月よりバングラデシュ・首都ダッカオフィスでインターンをさせて頂いています。

 

バングラデシュと聞くと、何を思い浮かべますか。

「どこにあるの?」まず、こう聞かれます。もちろん私も半年前まで、バングラデシュについての知識はこの程度でした。

世間から見ると、あまり注目度の高い国ではありません

しかし、近いうちに急激な経済成長を遂げると予想されるバングラデシュは、

日本人投資家にとって目が離せないポテンシャルを持った国の1つです。それと同時に私自身のベンガル化も急速に進んでいますので、それについて紹介致します。

 

急速に進むベンガル化とは、ずばり、急速に進む体臭のスパイス臭化です。

オフィスでは、毎日ランチを作ってくれるおばちゃんがいます。毎日のランチ、それは愛情たっぷり激辛カレーです。激辛牛肉カレーか、激辛チキンカレーか、激辛フィッシュカレーのうちのどれかです。しかし、毎日の激辛カレーのおかげで、体臭がスパイス臭くなったような気がします。しかし、一方でメリットもありました。実は、辛い物が苦手でしたが、2カ月毎日激辛カレーを食べ続けたおかげで辛い物が克服できそうです。日本に帰る際には、体臭に気を付けたいものです。

バングラ

 

 

 

 

 

 

以上

 

Tokyo Consulting Firm Limited

 

齋藤かおり

 

Tel: +880-1777-961437

 

E-mail saito.kaori@tokyoconsultinggroup.com

 

 

関連記事一覧

各国体験談