【サボテンとメキシコと私】メキシコ・インターン体験記

Hola~♪

初めまして、メキシコシティの清水皐(しみずさつき)と申します。

 

メキシコに来て早2ヶ月となりました。

本日からインターン生としての体験記を綴らせていただきます。

 

 

早速ですが、皆さんはメキシコに対してどのようなイメージをお持ちですか?

タコス、サボテン、名前が分からないとんがり帽子、

1年中暑い気候、治安がとにかく悪い、トランプ氏により国境に壁を作られそうな国 などなど…

 

上記私が実際に渡墨前抱いていたイメージです。

特に治安に関しては、本人以上に周囲の人間に心配されました。

 

 

しかし、人間の予想というのは大抵裏切られるもの。

 

私が現在住んでいるPolanco(ポランコ)という街は、治安も良くなかなか住みやすい街です。

 

気候に関しては、昼間は日差しも強くうだるような暑さですが、湿気が日本程高くないのでじめじめっとした感じはありません。また日が落ちると気温はかなり下がります。下手すると肌寒いくらいです。

 

メキシコと言えばイメージされるサボテンは、そこら中に生えているわけではないですが、

食用のサボテンがスーパーに売っています。なかなか不思議な味と食感なので機会があればご賞味下さい。

 

あの名前が分からないとんがり帽子を被っている人は、お土産屋さん以外で見たことが無いです。あれメキシコ人は買うのかな。

 

 

 

 

 

 

 

こちら、私が生まれて初めて食べたタコスです。

想像以上に美味しく、びっくりしました。

あとサルサソースは想像以上に激辛で、こちらもびっくり。

※サルサソースは、かける前に絶対味見をしましょう!

 

 

ここで、私が現地に到着し、拠点長から言われた一言をご紹介します。

「何事にも過度な期待を持たないこと」

 

一見ネガティブな発言に聞こえますが、

事前に抱いていた期待より現実が下回ってしまった場合の

無駄ながっかり感を無くしましょうよ、ということです。

 

私は正直、メキシコに対して何の期待も持ってはいませんでした。

インターン先が決まった時でも「メキシコってどこにあるんだっけ、ヨーロッパ?」レベルの知識からスタートです。

例えどれだけ汚く治安の悪い土地でも、やってやるぞという覚悟を持ってインターンに挑みました。

そんな私だからこそ、予想以上に住みよいメキシコを心底気に入ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちら、社宅の窓から見える景色となります。

メキシコに到着した当時、この景色を見て「嗚呼…この街好きだわ」となったのを覚えています。

 

このブログでは素晴らしきメキシコ現地の情報を色々発信したいと思ってはおりますが、

一つ、海外で働きたいなと思っている皆さんにアドバイスをするとしたら

過度な期待は捨てましょう、これに尽きます。

 

期待するなとは言いません。

ですが、海外へ行って得られるものを考えるより、

そこで自分が何をすべきかを考えて臨んで欲しいということです。

 

Muchas gracias por leer!

また来週お会いいたしましょう。

 

メキシコシティ 清水皐

関連記事一覧

各国体験談