【マレーシア・インターンでの勉強】マレーシア・インターン体験記

 みなさん、こんにちは。マレーシアにインターン中の新卒社員・早川です。今回は、仕事内容についてお話したいと思います。

 新卒社員が海外インターンにいって、どんな仕事をするのか、想像してみてください。「経験のない新卒だから、お客さんの前に立たない仕事なんじゃないか」「お茶汲み程度しか出来ないのではないか」…私はそう思っていました。
 しかし、実際に行うのは、営業・営業電話・お客様への質問回答などなど、お客様と接する仕事ばかり。これには、会計・人事労務・税務など、幅広い知識が求められます。また、「新卒だから出来なくて仕方ない」という言い訳は出来ません。お客様の前に立つ限り、私はプロのコンサルタントでなければいけません。

 少し、厳しく聞こえたでしょうか。しかし、その分、成長できる環境です。ひとつひとつ知識が増えていって、お客様からの質問に答えられるようになっていき、それが自信につながっていきます。また、最初は出来ないことがたくさんありましたが、ひとつひとつ出来るようになって、「昨日の自分より成長した!」と、最近思えるようになりました。
 インターンが終わった一年後、「何も考えずに一年が過ぎました」という感想では、会社としても、インターンに行かせる意味がありません。「たくさん悩んだ分、成長できました!」、そう胸を張っていえるほど、有意義な一年間にしたいと思っています。

 お客様に価値を提供できるコンサルタントになれるよう、今後も精進してまいります!

早川

 

mal2

簿記・会計・コンサルティングの勉強はもちろん…

mal3

マレーシアの労働法や、税制についても勉強が必要です。

mal4

駐在員の方から、お勧めの本を貸していただいています!

関連記事一覧

各国体験談