【マレーシアで売れる日本食とは?!】マレーシア・インターン体験記

Selamat pagi! 皆様こんにちは。マレーシアインターンの佐藤です。

今回の体験記では週末に日本物産展へと足を運んだ時の出来事をお話ししたいと思います。

テーマはマレーシアの食文化です。

日本物産展にて唐揚げと手羽先を売っているテナントの方とお話しする機会に恵まれました。
その方いわく、「手羽先は売れるが、唐揚げが売れない…」とのことで数日間悩んでいるとのことでした。

手羽先は甘辛く仕上げているのですが、唐揚げは日本の唐揚げ同様、塩で味付けをしており、この塩辛さがマレーシアの人にとっては馴染みのない味みたいです。

 

普段、マレーシアで生活をしていて全く気付かなかったのですが、塩辛さを感じる食べ物と言えばファストフード店で出されるフライドポテトかスーパーなどで売ってるポテトチップスくらいしか出てきません。一度、スーパーで売ってるフライドチキンを食べたのですが、こちらも塩の味を感じることはありませんでした。タイ料理についてくるエビ煎もエビの味ががっつり…という感じでした。極端に辛い物や極端に甘い物というのは至る所にあるのですが、塩辛さというものは滅多にないように感じます。

こちらで買うことのできる醤油も日本の者は独特の塩っ気がありますが、ローカルの所有はDark Soy Sauceと呼ばれ、甘口の濃口醤油のようなものが主流です。

 

こちらに来てから「日本食は味が濃い」ということをたまに耳にします。私の感覚では、こちらの食の方が十分に味が濃いのですが、たぶんマレーシア人のいう「味が濃い」というのは「塩気が強い」ということなのかもしれません。

 

1時間近くテナントの方をお話をして、何も買わずに去るのも失礼かと思い唐揚げを購入し、早速いただいたのですが、塩ってこんなにも味が強かったのか!と驚くぐらい塩の味を感じました笑

 

その国ごとに食文化も異なってきます。受け入れてもらえるもの、受け入れてもらえないもの…これは食文化に限らず、様々な場面で出てきます。その中で自分たちのやりかたを貫き通すのも1つの選択肢かもしれませんが、試行錯誤を繰り返しその国にあった方法を探し出すのも大事なのかもしれませんね。

 

今回の体験記では物産展から感じた文化の違いについてご紹介させていただきました。

それではまた、次回の体験記でお会いできますことを楽しみにしております。

関連記事一覧

各国体験談