【失敗を恐れず、成長する】マレーシア・インターン体験記

Selamat pagi! 皆様こんにちは。マレーシアインターンの佐藤です。
体験記の話題、随時募集しておりますのでご意見・ご感想お待ちしております。

 

今回の体験記では心境の変化について書かせていただこうと思います。

2月にマレーシアに来てから3ヶ月になろうとしています。国内での研修を終えすぐに出発し、右も左もわからず不安でいっぱいでした。今でも不安な部分はまだまだたくさんありますが、毎日ヘトヘトになりながらも何とかやっています。

日々の業務ではたくさんのご指導を受け、何度も心が折れそうになりました。そんな時に自分を支えてくれたのが日本で応援してくれている家族の存在です。日本にいるときは家族がすぐそばにいることの大切さや素晴らしさに中々気づくことはできなかったのですが、マレーシアに来てから家族というものがどれだけ素晴らしいのか幾度となく感じてきました。日本にいるときにもっと思い出をつくるべきだったな…と後悔しても過去に戻ることはできないので、一時帰国した際には家族に精一杯の親孝行をしたいと思います。

 

また、ここに来てから私の支えとなっている言葉があります。それは “Mistakes are proof that you are trying.”という言葉です。

まだまだ駐在員の方が行うような大きな仕事をすることはできないかもしれません、小さな仕事でさえ、ミスを犯すこともあります。しかし「挑戦しない」という選択をしてしまったらもうその先へ進むことはできません。ご指導を受けることで自分では気づけなかった支店に気づくことができ、成長するきっかけを得ることは事実です。楽して成長なしと言いますが、こちらにきてからそのことを毎日のように実感しています。

 

自分がマレーシアで働いている理由は何なのか、どんな価値を生み出すことができるのか、日々悩むことは多々あります。しかし、失敗を恐れず、転んでも何度も立ち上がる精神で頑張っていこうと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

それではまた、次回の体験記上でお会いできることを楽しみにしております。

関連記事一覧

各国体験談