ベトナム・ホーチミンの交通事情・インターン体験記

こんにちは、

ホーチミンの川村です。

 

今回は、ホーチミンの交通事情についてお伝えさせていただきます。

 

現在のベトナム・ホーチミンを表す交通状況 

 

ホーチミンに着いて、まずびっくりするのがバイクの多さと道路の混み具合だと思います。

 

車道を広げたり、一方通行規制や赤信号でも右折可能にしたりと渋滞を改善するための策は取られていますが、まだまだ交通渋滞がなくならないのが現状です。

 

特に、通勤ラッシュ(午前7時~9時ごろ)と帰宅ラッシュ(午後5時~6時ごろ)の時間帯は目的地に到着するまで通常の2,3倍の時間がかかることがあります。

なので、就業前後の通勤時間や方法は勤務を開始する前の自宅選びの際に十分に考慮すべき事柄かと思います。(会社の近くに家を借りて、徒歩で通勤するなど)

 

課題化が進むベトナムのインフラ 

 

また、渋滞がひどく、道もあまり整備されていないため1日に1件以上は必ず交通事故もあります。特に、バイクの転倒や衝突などが多く見受けられます。

Grabバイクが便利で安く、多くの人に使われていますが、安全面を考えるとやはりタクシーになるべく乗るべきかと思います。

(ちなみにタクシーの外国人に対するぼったくりも頻発しておりますので、VINASUNMAILINHといった信頼されているタクシー会社を利用することもお勧めします)

 

とは言え、ベトナムでしかこんなに沢山のバイクが一斉に走っている光景を毎日見られるわけではないので、非常に面白い文化体験ができるかと思います。

ベトナム人の友人ができたら一度乗せてもらったりしても楽しいと思います。

 

 

                                              

関連記事一覧

http://www.kuno-cpa.co.jp/recruit//