ベトナム・ハノイで起こる大渋滞・インターン体験記

Xin chao!!

ベトナム・ハノイのインターン生黒木優志です。

 

 

今回はベトナム交通、特にバイクと自転車についてお話します。

 

ベトナムインターンから見たベトナムハノイのバイク渋滞

 

ベトナムと聞いて、道路を埋め尽くすバイクや、1台に4人5人と乗っているバイクが思い浮かぶ人もいるかもしれません。

 

実際バイクの量はものすごいです。地下鉄がなくバスも少ないので、多くの人が移動手段にバイクを利用しています。

 

もちろんGrabなどタクシー利用も盛んで(体感的には、タクシーよりもバイクタクシーの方が多い)、ほとんどの駐在員は移動手段にタクシーを用いていますが、特にこの時期は激しいスコールが頻繁に降り、なかなか捕まりません。

 

驚くことに、ベトナムのバイク保有世帯は90%近くにものぼり、1日約23人もの方が交通事故で亡くなられています。

 

ちなみにWHOの調べによると、10万人あたりの日本の自殺者数とベトナムの交通事故数は、日本が約12人でベトナムが15人になるんだとか

 

ベトナムインターンで学んだベトナム通勤の危険度

 

ベトナム入り1週間後に、足となる自転車をイオンモールで購入しました。(バイクを購入する駐在員もいます)

 

自転車に乗っていても、結構危険はあり、実際バイクに当たってしまうことはたまにあるし、クラクションに至ってはこれまでの人生で鳴らされた回数の何十倍にもなるであろう回数を2ヶ月で鳴らされました。

 

 

安さと軽さとスピードを重視して買った自転車ですが、駐輪場から自転車出した時に後輪のブレーキのコードが外れていて使えなくなった日に、バイクに衝突されて完全に前輪が曲がってしまいました。2ヶ月持たずの故障

 

 

 

安全第一。最低でも1年は無事に使い切るぞと強く決意し、新しい自転車を購入しました。

 

 

それではまた来週。

Cam on!!

 

関連記事一覧

各国体験談