フィリピンの暑さは一カ月で慣れる!・インターン体験記

皆さんこんにちは!

 

マニラインターン生の上原です。

 

フィリピンでの生活や仕事や暑さにも慣れてきたということで、今週からインターン生としての体験記を書いていこうと思います。

 

 

本日はフィリピンで生活することの魅力を、私生活と仕事面含めて書いていきたいと思います。

 

 

 

フィリピンの魅力その①:安すぎる物価

 

なんといっても嬉しいのは、コンビニやスーパーで生活必需品を買う際にとっても安く揃えられるところですね。

食べ物なんかはストリートフードを食べる勇気さえあれば一食50ペソ(100円)くらいで済みます。

果てはタクシー代も数キロの移動ならだいたい100ペソ(200円)、髪を切るのも350ペソ(700円)、スマホも新品2000ペソ(4000円)くらいで買えちゃいます。(クオリティーはそれ相応)

フィリピンでは一ヵ月1000ペソ(2000円)でネットは無制限で使い放題になるので、生活基盤の構築は楽勝と言ってもいいでしょう。

 

フィリピンの魅力その②:フィリピン人も日本人も親日

 

フィリピン人が親日的なのは有名な話ですが、最近ではフィリピンにいる日本人のコミュにティーの絆が強いようにも感じています。

日系企業や留学生の集うサークルはそこかしこにあり、あらゆる方面から誘われる、なんてこともしょっちゅうです。

なかなか日本にいては会えないような大御所に出会え、貴重な話を聞ける、なんてことも不可能ではなさそうです。

 

フィリピンの魅力その③:英語が通じる!

フィリピンでは英語とフィリピン語(タガログ語)の両方が公用語と認められています。全国民のTOEIC平均スコアは驚異の750点!!アジアでは驚きの高さですね。(ちなみに日本は500点くらい)大人から子供まで多少ぎこちない人はいても、ほとんどの方が見事に英語をしゃべります。なんと日本語も喋れる人は喋ります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

最後はフィリピンの高層ビル群の写真でお別れしたいと思います。

 

ではまた来週。

 

関連記事一覧

【各国体験談】