【バングラデシュの乗せすぎ事情・過積載】インターン体験記

こんにちは。

バングラデシュ・ダッカ拠点でインターンをしております齋藤かおりです。

インターンで、バングラデシュ・ダッカに赴任し5カ月が経ちました。

 

今日は、バングラデシュの過積載についてご紹介します。

 

バングラデシュのみならず、アジアの新興国でよく見られるのが積みすぎ・乗せすぎな所謂過積載です。日本なら即違反になりそうな状態です。

(バングラデシュでは違反にもなりませんが。。。)

私はいつも切り替えしの際に横転しないのかと不安になってしまします。

 

 

日本語の人力車を語源とするバングラデシュでは馴染み深い乗り物「リキシャ」でもじぶんの足を置くスペースがないほど荷物を乗せすぎています。

もちろん荷物を固定するひもやベルトのようなものはありません。

 

 

バングラデシュでは、荷物を運ぶ際に頭に乗せる人がよく見受けられます。

この男性は、前が見えないくらい大きな荷物を頭に乗せて歩いています。

今にもどこかにぶつかりそうです。。。

 

 

日々、新発見の連続で、改めてインターンとしてバングラデシュ・ダッカに来れていることは私の人生の中で大変貴重な経験だと感じます。

 

バングラデシュ・ダッカ以外の拠点でもインターンとして活躍する仲間がたくさんいます。

こうした経験を仲間と共有するのも楽しみの一つです。

 

次回のインターンブログもお楽しみに!

 

以上

 

Tokyo Consulting Firm Limited

 

【バングラデシュ・ダッカ】インターン齋藤かおり

 

Tel: +880-1777-961437

 

E-mail saito.kaori@tokyoconsultinggroup.com

 

 

関連記事一覧

【各国体験談】