【シンガポールインターンで成長を実感できたこと】シンガポール・インターンシップ体験記

こんにちは。シンガポールインターンの館です。

インターンを通じて変わったことは、もちろんたくさんあります。ただその中でも、自分

自身で1番大きく成長したな、と感じる部分は「責任感」のところだと思っています。

クライアントのための資料作りの例を挙げてみます。この業務遂行には、前提条件として

英語力やエクセルの技術等、必要なことはもちろん色々あります。ただこうしたスキルだ

けで、相手のことを考えて仕事をしていないと、評価されることはありません。

まとめろと言われた部分だけをまとめる、聞けと言われたことだけを聞く。それをただ上

司に報告すると、

「じゃあ、こういう場合は?」と問われ、

「調べてないです。(分かりません)」と答えることしかできない時が、多くありました

上司は、先方からの質問を想定した上で私に聞いてるはずです。ですので私としても、そ

のくらい頭を使って、想定しておくべきでした。これでは、再びやり直しですし、上司の

時間も無駄にしてしまったことになります。さらに、お客様への提出も遅れる。仕事を振

られた際、ちょっと頭を使えばよかっただけなのに、それを怠っただけで、後々面倒なこ

とがまとめて起こってしまうのです。

大学の課題等は、自分が単位を落として留年すれば済むことですが、やはり仕事は相手が

いることなので、適当に仕上げるなんてことは言語道断です。

最近は、そういったことも考えながら業務に取り組むよう、意識をしました。

これでインターンは終了ですが、今後は学んだことを最大限に生かし、

人から喜ばれるような仕事ができるよう、これからも努力を続けていきたいと思います。

 

インターン2

 

インターン

関連記事一覧

各国体験談