【これだけは押さえておきたい。インドの食事事情】 インド・バンガロール・ インターン体験記

ナマステ!こんにちは。
インド バンガロールインターン生の久野未稀です。

 

今回の体験記ではベジタリアンについて書こうと思います。

 

ベジタリアンって言葉、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

宗教上、肉や魚、卵・ゼラチンが使われている食べ物など動物性のものを食べることのできない人です。

そしてインドには“ピュアベジ”と呼ばれる厳格なベジタリアンも多くいるようです。

私のオフィスにいるローカルスタッフは6人中3人がピュアベジ。

そんなベジタリアンの多いインドには当然のように、

お店のメニューにベジタリアンでも食べれるもの一覧がありますし、

ベジタリアン用のレストランも数多く存在します。

 

お肉やお魚、いろんなものが食べれなくてかわいそう…

初めてベジタリアンという言葉を聞いたときはそう思ってしまいましたが、

ここインドへ来て、様々なお店に入ってから全くそうは思わなくなりました。

ベジタリアンでも食べれる料理のバリエーションの多さ、ベジ用のお店の多さ。

食べれるものが少ないとは、バンガロールでは思う必要がありませんね。

インドのほかの場所もそうなのでしょうか?

 

日本にも少なからずベジタリアンの人がいるだろうと思いますが、

ベジタリアンでも食べれるものをわかりやすくメニューに載せたりしているお店を

わたしは日本で見たことがありません。

これは日本も見習わなければいけないなとおもうくらいインドの素敵な文化だなと

心がほっこりしました。

 

ちなみに、、、

宗教で動物性のものを食べることを禁じられているように、

アルコールを飲むことを禁じられている人もインドには多くいます。

そんな人たちが飲む“モクテル”というノンアルコールカクテルを知っていますか?

日本でも少しずつ浸透はしてきているようですが、

インドのレストランにはモクテルの種類がたくさんありました。

お酒が飲めない人でも楽しめるモクテル。日本にももっと浸透してほしいですね。

 

インドにある素敵な文化と日本の文化、もっと比べてみたいと思った今日この頃でした。

 

以上

関連記事一覧

各国体験談