新卒から海外で働く。

インド バンガロール インターンシップ体験記⑮

インドインターン、雨季

NAMASKARA!!こんにちは。インド バンガロールインターン生の久野未稀です。

 

『1年目を海外の駐在員事務所で働くことを選んだこと、今どう思ってる?』

同じく社会人1年目として日本で働いている友人に聞かれた言葉です。

 

1年目から海外で働くことを選んだことについて後悔はしていません。

きっとこの先も後悔することはないと思います。

もちろん、社会人経験ゼロで、ビジネスマナーのイロハも知らずに臨んだ海外赴任ですので、周りの方には非常にご迷惑をおかけしています。

 

ですが、私の気持ちのみにフォーカスを当てて言葉を述べるとしたら。

あの時あの瞬間に、海外インターンに手を上げなければ、入社時に決めた『挑戦しつづける人生を歩む』ことから逃げ続ける社会人になっていたかもしれない。

だから、どんな結果になったとしても今回海外インターンに手を挙げたことを後悔することは決して無いと思います。

 

1年間という期限付きのインターン。

最後の最後に、

私自身が、来て良かったと思えるように。

機会を与えてくださった方々に、行かせて良かったと思っていただけるように。

なによりもインドに進出している企業に少しでも貢献できるように。

 

今をしっかりと過ごしていきたいと思っています。

お読みいただきありがとうございました。それでは、また次回お会いしましょう。

 

関連記事一覧