【どの言葉が通じるの?マレーシアの言葉】マレーシア・インターン体験記

Selamat Pagi! 皆様こんにちは。マレーシアインターンの佐藤です。

今回の体験記ではマレーシアでの言葉についてフォーカスしていこうと思います。

 

マレーシアで働くにあたってやはり不安となってくるのは「言葉の壁」でしょうか。英語はある程度話せても、マレー語ができないとだめなのか…こうした不安を抱えているという方は少なくないと思います。結論から申しますと、もちろん、マレー語を話せた方がスムーズにコミュニケーションをとることはできます。しかし、英語が話せればたいていの場所は問題ありませんのでマレー語が話せないからといって駄目というわけではありません。

 

マレーシアには大きく分けて4つの言語分野があります。
マレー語、英語、中国語、ヒンディー語がこれにあたります。マレーシアチャイニーズと呼ばれる中国系マレーシア人が多く住むKLではマレー語、英語、中国語をよく耳にしますが、以前紹介させていただいたリトルインディアという場所ではヒンディー語も耳にすることができます。場所によって使われる言語が異なってくるマレーシアですが、英語が話せればコミュニケーションをとることは可能です。しかし、銀行や政府機関などはマレー人が多く働いているため英語でコミュニケーションをとることは可能であっても、マレー語を話せるほうが圧倒的にスムーズに進められるのもまた事実となっています。

 

では、マレー語をどのように勉強していけば良いのか…そもそもマレー語とはどんな言語なのか…日本の本屋さんに行ってもマレー語のテキストはあっても2~3冊程度しか売っていません。こうして考えるとマイナーな言語で自分で勉強するのは難しそうに感じますが、実はそんなことありません。マレー語はとても簡単な言語なのです。表記もアルファベット表記、読みはローマ字とほぼ同じと割と親しみやすい言語であるかもしれません。そして、マレー語の面白いところは未来形や過去形が存在しないこと、そして複数形は基本的に単数形を2回繰り返すだけ、というところです。日本で売っているテキストを1冊手に取り勉強すれば、ある程度会話をすることはできるようになります。

 

私の行っているマレー語の勉強方法としてはテキストを使って勉強するだけでなく、実際に聞いてみるということです。専門的な言葉を使う必要も出てきますので、その都度ローカルスタッフにこれはマレー語で何というのかということを繰り返しています。あとは実際にマレー語を使うということです。まずは料理を注文するところから始め、少しずつ範囲を広げていくといった具合にマレー語を使うことで勉強しています。

最終的にはマレー語で受注が取れるようにしていきたいです。

 

それではまた次回の体験記でお会いできますことを楽しみにしております。

関連記事一覧

各国体験談