新卒から海外で働く。

メキシコインターンブログ13

メキシコインターン 空港

¡Hola! 皆さん、こんにちは。

メキシコ・レオン支社の田村彩紀(たむらさき)です。

 

前回の最後にお知らせをしておりますが、

今回のブログが最終回となりますので、メキシコに来てからの3か月間を振り返りたいと思います。

 

この約3か月、メキシコに来る前は想像もしていなかったような、様々な仕事を任せていただき、日々奮闘しながらも、楽しく仕事をしています。

 

大学の時に、第二言語としてスペイン語を勉強してから、ラテンアメリカ地域に興味をもち、生涯を通して、ラテンアメリカと関わっていきたい、できることなら仕事でも携わりたいと思い、メキシコで仕事をすることを決意しました。

 

まだまだ、至らない部分も多いと感じますが、1つ1つが学びで、かけがえのない経験と受け止め、日々精進してまいります。

 

このブログを読んでくださった人の中には、海外で何かに挑戦してみたいとほんの少しでも思っている方が多いのではないでしょうか。

 

私から、アドバイスというほどのことは伝えられないかもしれませんが、

海外で働くうえで大切にしていることは、“完ぺきではなく、最善策を考えること“

だと私は考えます。

日本では当たり前のようにうまくいくこと、例えば、時間通りに物事が進む、相手が自分のしたいこと・やってほしいことを理解するなどのことは、海外ではうまくいかないことが多いです。それでも、根気強く取り組む必要があるのですが、

“完璧ではなく、最善策を考えること”で、何か問題が起きたときに修正がきき、

失敗のリスクを抑えることができます。

語学力でも、そのほかの知識でもなく、柔軟性やその人自身の人間力が大切になっていきます。

 

この写真は、メキシコについて、はじめに撮った写真です。

空港での何の変哲もない写真ではありますが、私にとって原点を振り返る大切な写真の1つです。どんな時でも初心を忘れず、これからもすごしてまいります。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

いつか、メキシコで会いましょう!

¡Hasta pronto! Que le vaya bien.

関連記事一覧