【海外にでることのメリットとは?】フィリピン体験記

こんにちは!
東京コンサルティングファーム、フィリピン・マニラ拠点にてインターンとして働いております、上原です。

 

本日は海外にでて働くことの、ある一つのメリットについてお話ししたいと思います。

それは、英語が上達するとか、異文化に詳しくなるとか、そういう目に見えるメリットではなく。

私が思うに、日本からでることにより、日本のことがさらに良くわかること、だと思います。

身の回りにあふれる単純なサービスや技術から、税法や労働法まで、あらゆることに目が向きました。

なぜなら、フィリピンにおいてそういった知識を得る、教えるにあたって、「日本はどうだったっけ?」と振り返る、調べる機会が増えたからです。

人は何かを学習する際、ゼロベースでインプットするより、何かと比較しその差異を認識することによって情報の体系化と記憶の定着がしやすくなります。

そういったことを考えると、将来日本で働きたい、活躍したいと思っている方にとっても海外にでて働くというのはかけがえのない経験になると言えそうです。

本日は以上です。

来週もどうぞよろしくお願いします。

関連記事一覧

各国体験談