【朝の習慣】タイ体験記

サワディーカー!タイの岩城です。

今回はタイ拠点の朝の慣習についてご紹介します。
私たちのオフィスでは毎朝“あさけん”と呼ばれるミーティングを行っています。
最近はファシリテーターとして日本語教師をしています。
タイスタッフはみんな日本語に興味を持ってくれて嬉しいです。

またランチの時間や仕事でのコミュニケーションで日本語を使ってくれる機会も増えました。日本語でコミュニケーションをすると親近感が湧きます。
コミュニケーションツールとして日本語が一役買っています。

また、あさけん内では基本ホワイトボードに絵を書いてスタッフに説明するスタイルを取っていますが、私の画力で伝わらない時は英語で説明しなければいけません。

4月にタイに来てから、あさけんのおかげで英語力が伸びたと言っても過言ではありません。
会話力は人前に立ってアウトプットすれば伸びるのだと気づき、やはりここに来てこのような機械を得られてよかったと感じる日々です。

次回もお楽しみに!

関連記事一覧

各国体験談