【仕事・生活に便利なアプリケーション~】中国・上海インターン体験記

大家好,中国・上海に赴任中の安孫子です。

 

 

今回は中国で生活・仕事をするうえで、便利なアプリケーションをいくつかご紹介します。

 

We Chat 微信(連絡アプリ・決済アプリ)

 

こちらはこれまでも何度かご紹介させていただいたかと思いますが、

 

We Chat という中国の連絡手段ツールであり、日本でいうLINEのようなものですね。

 

LINEに比べて、電子マネーを使用するための決済アプリといった側面が強いことが特徴です。

 

We Chat自体がビジネスでの連絡ツールとなることもありますので、ある程度使い方を抑えておく必要があります。

 

ALIPAY支付宝(決済アプリ)

 

こちらも何度かご紹介させていただいたおりますが、

 

アリババ・グループの決済アプリであるALIPAYです。

 

主な決済アプリはWe Chat とこのALIPAY2つですが、

 

お店によってはどちらかの決済アプリしか使用できないということがしばしばありますので、どちらもご準備していただくのがよろしいかと思います。

 

 

amap.com高德地图(地図アプリ)

 

こちらは非常に便利な地図アプリです。

 

使用方法は多くの地図アプリと同様に、

現在地と目的地を設定すると、目的地までの道のりが示される。という風になっております。

 

中国のバスや電車の路線は日本のように複雑ではないので、このアプリも非常にわかりやすく助かっております。

 

 

YOUKU(動画アプリ)

 

こちらはドラマやアニメ、テレビ番組を見ることのできる動画アプリとなっており、

 

中国の方が待ち時間に好きなコンテンツを見ているのをよく見かけます。

 

日本のコンテンツもあり、中国字幕がついているので、

 

中国語の勉強としても使用することができます。

 

 

饿了么(宅配アプリ)

 

こちらは外卖(出前)を取るためのアプリとなっております。

 

中国ではこの出前文化が盛んであり、有名ハンバーガーショップや日本発の牛丼屋から、地元のご飯屋さんまで、こちらのアプリから出前を取ることができます。

 

電子決済が盛んであることも、この出前文化を後押ししているのでしょう。

 

 

TMALL天猫(Eコマースアプリ)

 

こちらは中国で熱を帯びているEコマース市場を活用するためのアプリケーションとなっております。

 

Amazonや楽天を思い浮かべていただくとよろしいかと思います。

 

他のEコマースのように、Eコマースだからこそお値段がお得となっている商品もありますのでこちらも要チェックです。

 

 

また、今回私が使用しているアプリケーションをいくつかご紹介させていただきましたが、

 

もちろん類似のアプリケーションも他にありますので、実際に使用する場合は色々試していただければと思います。

 

それではまた、再见

 

 

東京コンサルティングファーム

安孫子 悠治

関連記事一覧

各国体験談