【一時帰国中にしたこと】カンボジア体験記

こんにちは。カンボジア拠点の安藤です!

 

一時帰国中に東京本社に出社して、営業同行にいかせていただきました。

カンボジアでは、私と上司の二人しかいないので、営業ってどういうことするのかというのを試行錯誤していて、自己流になっていたりして、不安なことが多くありました。

 

そこで、一時帰国中、本社の営業の方にお願いし、営業に行きました。

 

誰かの営業に同行するのは、改めてとても新鮮でした。

 

話し方やモノを使う方法、どんな風に営業をしているのか、相手がどういう話をするとどんな反応をするのか、、、など、第3者になったからこそわかる学びがとても多くありました。

 

いつもは、自己流になりがちだったので、自分のダメなところを見つけ、改善しようと思えました!

 

海外に出ると、自分で考えて行動ができるというとてもいい機会になっています。しかし、多くの見本となる上司が少ないので、日本に戻ってきて、新鮮な空気を感じ、今までの固定的、狭い環境から考えを変えるきっかけができ、一時帰国は、自分にとって、とてもいい機会だと思いました。

 

今回の一時帰国で得られた自分の直したいところを改善し、さらに、カンボジアを知っている自分だからこそできることをさらに工夫して仕事していきたいと思いました。

 

 

今回は、以上となります。

読んでいただき、ありがとうございます。

また、次回もどうぞよろしくお願いします。

 

カンボジアインターン 安藤

 

関連記事一覧

【各国体験談】