【メキシコで病気にかかったら?】メキシコ・インターン体験記

じゃじゃん!

Hola~♪

メキシコシティ・インターン生の清水皐(しみずさつき)と申します。

こちらはメキシコシティにある「オスピタル エスパニョール(Hospital Español)」です。

 

かっこいいですね~。

 

 

 

メキシコにおける病院事情

 

今週はメキシコの病院について記載致します。

 

 

 

↑の建物はほんの一部で、かなり敷地の広い病院です。

しかも日本語が話せる医師がいますので、スペイン語が苦手という方でも安心して通えます。

 

インターンで体験・高山病

 

さて、「今回なぜ病院について書いてるんだろう?」と思ったそこのあなた!

 

それは私清水が、メキシコでとある病気にかかりまして、

行きたくもない病院へ行く羽目になったからです。(笑)

 

 

その病気とは… THE☆高山病

 

スペイン語ではEnfermo de montañaと呼ばれるこの病気、

読んで字の如く、高所でかかる病気です。

 

多くは山登りの最中でかかる患者さんが多いのですが、

メキシコシティの標高はなんと、2,250メートル(富士山5合目相当)

 

普通に地上を歩いていても発症する可能性がございます。

主な症状は以下の通り。

・頭痛

・めまい

・動悸

・息切れ

・吐き気

・猛烈な眠気

・アルコールが回りやすい 等々

 

私の場合は特に息切れが酷く、少し歩いただけ、少し会話しただけでも

全力疾走を終えた後のように「はーっ、はーっ」と息が切れていました。

 

地上にいるのに水を失った魚のような…

酸素を上手く体に取り込めない感覚は軽く恐怖でした。

 

また、この症状はメキシコに来てすぐに起きたものではなく、

インターン開始から1か月後に異変が起こりました。

 

いつ、どんなきっかけでなるか分からないというのも怖いですね。

メキシコインターンから学んだ医療保険

 

さて、せっかくなので私が病院にかかった際の

診察費領収書と処方箋、処方されたお薬を載せていきます。

RECIBO DE HONORARIOSと書かれているこちらが診察費の領収書となります。

 

 

 

こちらが処方箋!

表記が全てスペイン語なので、お医者様に口頭で日本語訳して頂いたものをメモしております。

 

こちらが処方された薬3点です。

先程の処方箋を持って、病院併設の薬局で頂きました。

受け取る際は、きちんと処方箋に書かれている名前と合っているかどうかの確認も怠らないように。

 

予想はしておりましたが、海外で病院にかかった場合の医療費は安くありません。

これはメキシコに限らずです。

最低でも2,3万以上はかかるものと考えておいた方が良いでしょう。

 

皆さん、海外へ行くときはしっかり海外医療保険に入っておきましょうね!

ちなみに私は、某クレジットカードの付帯保険のおかげで

この時かかった医療費は全額補償して頂きました。

 

Muchas gracias por leer!

また来週お会いいたしましょう。

 

メキシコシティ 清水皐

関連記事一覧

【各国体験談】