【フィリピンの珍味バロット】フィリピン体験記

こんにちは!
東京コンサルティングファーム、フィリピン・マニラ拠点の上原です。

本日はフィリピンの有名な珍味、バロットについてご紹介したいと思います。

まずバロットを知らない方のために、概要をご説明します。

バロットとは、アヒルの孵化直前の卵をしっかりと茹で、殻をむいて食べるフィリピンにとっては一般的な(?)おつまみまたはおやつの様な存在の料理です。

気になる方はご自身で調べてみてください

(※先に言っておきます。グロテスクなのでご注意を…)

雛の形がくっきりとしているバロットはなかなか見たことありませんが、食べている時に羽の食感やらくちばしの食感やらが味わえたと嘆く方は結構いらっしゃるようです。

まあ見た目はともかく、味はどうなの?と思い調べたところ、なんやかんやでおいしいらしいです。

殻をむくと濃厚な鶏がらスープ(に近い汁?)があふれ出て、これがとにかくうまいのだとか。

身じたいは茹で卵とそう変わりないらしく、雛の部分はとんでもなく柔らかい鶏肉に近いとのこと。

私も今週末にでもかいにいってトライしたいと思います!!

本日は以上です。

来週もどうぞよろしくお願いします。

【フィリピン】上原 陵

関連記事一覧

各国体験談