【フィリピンの常識!!誕生日には要注意】フィリピンインターン体験記

こんにちは!

東京コンサルティングファーム、フィリピン・マニラ拠点にてインターンとして働いております、上原です。

 

今週はフィリピンでは当たり前だと思われている文化を少しだけ紹介したいと思います。

 

 

その1:フィリピンでは右側通行

 

交通道路はもちろん、道行く人やエスカレーターなどを見ても明らかに右に寄っています。

うっかり左側を歩くと嫌な顔されますよ。(経験済み)

 

その2:フィリピンではご馳走されたら残さない

 

フィリピンはほんとに情に厚いというか、友達思いというか、何かと食べ物などくれたりします。

そんななかもらったものを残したりすると大変悲しそうな顔をします。(経験済み)

 

その3:フィリピンのスーパーやコンビニは紙袋

 

大抵のお店ではプラスチックバッグなど無く、紙袋に商品を入れて渡されます。

 

その4:フィリピンでは誕生日に奢らないといけない

 

これは常識化どうか怪しいですが、自分の誕生日になると祝ってくれた人に対してご馳走するのがフィリピン流なのだとか。

自分の誕生日に何かをもらえると思ったら大間違いです。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

こういった文化はフィリピンに限ったことではないですが、日本人の私たちにとっては新鮮で面白いものですよね。

 

今週も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

来週もよろしくお願いします。

 

 

【フィリピン】インターン生 上原 陵

 

 

 

関連記事一覧

各国体験談