【バングラデシュの驚くべき交通事情】インターン体験記

こんにちは。

バングラデシュ・ダッカ拠点でインターンをしております齋藤かおりです。

インターンで、バングラデシュ・ダッカに赴任し3カ月が経ちました。

 

今日は、バングラデシュの驚くべき交通事情についてご紹介します。

 

バングラデシュの交通事情と聞くと、何を思い浮かべますか?

東南アジア特有の激しい交通渋滞でしょうか?それとも、街に溢れんばかりのバイクでしょうか?

もちろんそういった風景は日常茶飯事です。

 

今回は、2枚の写真からご紹介します。

  バングラデシュのインフラ整備不足で発生する慢性的な水たまり

 

 

ダッカ市内は、ほとんど道路の整備がされていますがダッカを出るときちんと整備されていない場所が目立ちます。写真のように輪達ができやすく、円滑な通行を妨げるだけでなく慢性的な水たまりが発生しています。恐らく水質はかなり悪いです。。。

 

 

  バングラデシュの高速道路で見たあり得ない風景

 

 

この写真は、バングラデシュの高速道路です。

高速道路のスピード感は日本と同様80キロ/時速~120キロ/時速程です。日本では、高速道路でシートベルトを着用しないと警察から指摘を受けますが、バングラデシュでは座席にすら座っていない人がいます。もし、何かの拍子に落ちてしまったらどうするのでしょうか。バングラデシュには「交通安全」という単語は存在しないかもしれません。。。

 

 

 

日々、新発見の連続で、改めてインターンとしてバングラデシュ・ダッカに来れていることは私の人生の中で大変貴重な経験だと感じます。

 

バングラデシュ・ダッカ以外の拠点でもインターンとして活躍する仲間がたくさんいます。

こうした経験を仲間と共有するのも楽しみの一つです。

 

次回のインターンブログもお楽しみに!

 

以上

 

Tokyo Consulting Firm Limited

 

【バングラデシュ・ダッカ】インターン齋藤かおり

 

Tel: +880-1777-961437

 

E-mail saito.kaori@tokyoconsultinggroup.com

 

 

関連記事一覧

【各国体験談】