【タイにいるとよく気付くこと】タイ・インターン体験記

サワディーカー!タイインターン生の岩城です。

 

 タイインターンで感じた、大多数の日本人

 

タイ・バンコクにいるとよく日本人に遭遇します。

というのも、タイは在留日本人総数のランキングで3位、その数は約82千人

ちなみにここでいう在留日本人総数とは日本人の永住者数と長期滞在者数の合計を指します。

 

バンコクにある日本人街で有名なのはBTSサラデーン駅界隈の「タニヤ」、BTSプロンポン駅、トンロー駅周辺が挙げられます。

今回はタイ・バンコクの日本人街についてご紹介します。

1.タニヤ

 

タニヤ近くのシーロムには日系企業が多く進出しています。

ちなみにTCFオフィスもシーロムにあります。

日本語の看板が軒を連ね、飲食店がたくさんあります。

日本食を食べたいならこのエリアで困ることはありません。

 

2.トンロー、プロンポン

 

この2つの駅の周辺は日本人駐在員が住むエリアとして有名です。

この辺りを歩いているとかなりの確率で日本語の会話が聞こえてきます。

以前営業でお昼時にこの周辺を通りがかった時、現地の駐妻さんたちとすれ違う機会が何度かありました。

中心地からの利便性が高く、治安も良いので住みやすいということも頷けます。

 

長期滞在している日本人にとっては日本が恋しくなったら幾度となく助けられるエリアでもあります。そしてタイ・バンコクに来た際には、日本人街に来て日本との違いを探してみるのも面白いかもしれません。ぜひ行ってみてください!

 

次回もお楽しみに!

関連記事一覧

【各国体験談】