【カンボジアの日本語人材から気づいた就活の心得】インターン体験記

こんにちは。カンボジアでインターンしている安藤です。

 インターンを通して知る、語学の壁

 

私は、カンボジアで弊社の人材紹介業に携わらせて頂いています。

カンボジアにいる日系企業に勤める日本人の皆様は、もちろん大体が英語もベースにしてビジネスをされています。

しかしながら、言語の壁は強く、特に英語が第2言語同士となると意思疎通が取れない時があります。

そこで、多くの企業が、日本語が話せるカンボジア人を採用し、通訳として活用されています。

 

したがって、弊社にも日本語が話せるカンボジア人を探して欲しいという依頼がきます。

 

そこで、多くの日本語人材と面談をしています。

私がよく遭遇するのが、

私:「何故、日本語を使ってお仕事したいのですか?」

カンボジア人:「日本語を勉強したからです。」「日本語を使いたいからです。」

私:「日本語を何故使いたいのですか?」

カンボジア人:「日本語を勉強したからです。」

私:「日系企業は、どんなイメージがありますか。」

カンボジア人:「ルールを守ってくれます。」「日本人は色が白くて、綺麗な人が多いからです()

 

…うん。そっか。いや、もはや仕事に何も関係ないでしょ!!!!
で、もう質問する気がなくなっちゃうんですよね()

 

大体こういう回答する人たちは、日本語検定N3以下の人たちが多いんですけどね。

日系企業で働くってそんな生半可な気持ちでは、やっていけないよ!といつも思います。

 

カンボジアでは、都市部では外資企業が多く、英語で仕事をすることも普通となってきています。

その中でも、先ほど述べたように、英語を母語としない国が進出もしているため、日本語、韓国語、中国語ができると、通訳などと「トップの直属の部下」というポジションが容易に取れ、自分のステータスとしては見栄えが凄く良いのです。

カンボジア人は、ステータスを気にする人たちも多いので、英語よりも日本語を勉強している傾向にある人もいます。

 

しかしながら、日本語ができると言っても、カタコトすぎる日本語で日本人とまともに会話ができない。そんな人がたくさんいます。

 

カンボジアインターンから気づいた、新たな視点

 

一方で、ふと気づいたんです。

私もカンボジア人と一緒だったな、と。

日本人も「英語が好き」「英語を使って仕事をしたい」「海外で働きたい」という気持ちのまま大学を決め、就職活動などをしている人がいるのではないでしょうか。

私は、その一人です。

私も就活をした時期に一番最初にしたある会社の面接で、

「何故、弊社で働きたいと思いますか」という簡単な質問に、

「海外に支店を持っていて、そこで働きたいからです。」ぐらいことしか答えられず、結局不採用でした。

当然です()

 

語学は、ただのツールでしかないのです。

語学を使って、どんな経験をして、将来何をしたいのか、会社でどうやって貢献できるのか、そういうことを考えられる人材が、企業は欲しいのです。

私は、それをカンボジアに来て、この事業に携わって気づきました。

 

皆さんは、いかがでしょうか。

英語など学生のうちに学んだ語学を活かして、仕事ができたら最高ですよね。

でも、語学を活かして仕事をして、何に貢献したいですか。何を得たいですか。将来、語学を通してどんな人間になっていたいですか。

そんなことが就活で答えられたら、きっとすぐに内定出るのではないでしょうか。

インターンの立場がいうのもなんですが、是非、参考にしていただければ、幸いです。

 

 

今回は、ここまでとします。

今回は、何も写真もなく、ただただ備忘録と化しているかもしれませんが、私がカンボジアで知った大きなことです。

それでは、また次回も読んでいただければ、幸いです。

関連記事一覧

各国体験談