【カンボジアにいる人の良さ】カンボジア体験記

どうもこんにちは。カンボジアの安藤です。

カンボジアに来て、常々思うことがあります。
それは、人種問わず、カンボジアにいる人は、素敵な人がたくさんいる!ということです。

カンボジア人は、トゥクトゥクに乗って携帯を触っていれば、「危ないよ、盗まれるよ」って教えてくれるし、あんまり嘘を言わない人が多いような気がします。

日本人は、「カンボジアが好きでいる」という人をよく見かけます。
また、出会う人たちは人種問わず、優しいし、大らかだし、
何か希望や夢を持ってそれに向かっているような人によく出会います。

そういう人たちに出会うと、会話って楽しいんですよ。
これからの将来の話やカンボジアの可能性について話してくれたり、
自分が悩んでいても、相談にのってくれて、お世辞とか上辺じゃなくちゃんと本当に思ったことを伝えてくれたり、、、
なかなか出会えないかもしれない人たちに、出会えてるような気がしています。

カンボジアは、発展途上国で、あまり良い印象がない人が多いかもしれません。
でも、一度来たら、ハマります。
ハマるくらい、人が良くて、雰囲気も良くて、可能性がたくさんあって、
こっちまでやる気が出るような場所です。

もちろん、いいことだけではなく、悪い人は沢山いるので治安はいいとは言えなし、騙す人もいるし、日本人のコミュニティは狭いし、、、と良くない面もあります。
それを知った上で、良い面とどう向かい合うか、だと思います。

それでは。

カンボジア 安藤

関連記事一覧

【各国体験談】