【カンボジアでの楽しみが増えた今日この頃☆】インターン体験記

こんにちは!カンボジアインターン生の安藤です。

 

カンボジアって遊ぶ場所無さそう。。。

仕事だけになって、孤独で、寂しくなっちゃうんじゃないか。。。

 

そんなイメージありますよね。私もありました。

しかし、実は、カンボジアではやろうと思えば、たくさんのことが出来ます。

交友関係も広げようと思えば、いくらでも広がります。

 

カンボジアには、日本人が3000人以上おり、日本人の人たちの「部活」、「クラブ」、県人会などの「〜会」というのが多くあり、活発です。

 

先日、同い年の友達に誘われて日本人のバレーボールに参加してきました。

 

友達のバイクに乗せてもらい、、、、

一緒に行った方のバレーボールの運び方が、中高生のバックかのように()

という感じで、最初から愉快。

 

バレーコートは、ちょっと古びているところ。

駐輪場が隣にあるからか、コート脇にまで侵食するバイクのパーキングスペース。。。。

[movie1]

 

活動中は、中学校の部活動みたいでした。

最初みんなでウォーミングアップをし、練習し、試合をやってみるというスタイル。

 

バレー部じゃなかったけど、なぜか懐かしくなった。。。

日本人の中学生から大人まで、みんなで、本気だけど、ちゃんとフォローし合い、色々な方々と会える機会でした。

そして、久々の運動は、とてもリフレッシュできました。終わってすぐに筋肉痛になりましたけど()運動不足を痛感しました。

 

 

カンボジアに限らずどこの国でも、日本人の人たちだからこそ、団結して、いろんな活動をしているように感じます。

語学を学ぶ時には、日本人と関わっているのってどうなの、、、って思っていた時代もありましたが、今は、日本人同士だからこそ協力して、楽しく過ごしていこうというような視点が新しくなりました。

 

カンボジアでは、バレーの他にも、テニス、サッカー、ソフトボール、剣道、走友会(マラソン)などアクティブな集いがあるようです。

 

仕事だけで引きこもっていては、頭が固くなりそうなので、今後運動もしていこうと思うこの頃です。

 

 

以上、カンボジアの安藤でした。[movie1]

関連記事一覧

【各国体験談】