【カンボジアからインドへ】カンボジア体験記

皆様、こんにちは。カンボジア拠点の安藤です。

最近、お客様からの依頼で、インド拠点のスタッフと連絡する機会ができました。
多拠点構えているというところで面白いのは、
やはり一つの国にいながら、色んな国の人と連絡が取れることです。

カンボジアに居ながら、他国のスタッフと連携できるのは、ワクワクします。

インドは、なんか、独特の英語表現があったり、
インドの通過の「Lakh」の表記があったりと話すたびに混乱です。。。(笑)

しかも、スカイプで直接話すと、インド英語の訛りになれてないので、全然聞き取れない。。。。
相互の理解がなかなかできず、、、
遂に、インド拠点の日本人の上司に頼らせてもらいました。

日本人を介すことで、相互理解がより深まり連絡がしやすくなりました!

やっぱり日本人は大事ですね(笑)
大事な理解が必要な場面では、日本人同士で話すことが一番です。

もちろん私の英語スキルのアップも必要なのですが。

TCFのように海外に拠点を構えている会社でしかできない経験は、
色んな国のスタッフと連携することができる!ということです。

最近は、マレーシアのスタッフが、唐突に連絡して来たり、
人材紹介関係や設立の案件で、タイやベトナムの連絡する機会もありました。

カンボジアに来て、海外に出て来て、いまのポジションにいるから、
できることだな、と思います。
と、同時に、たくさんの力不足を感じます。

力を補充すべく、たくさんの失敗や経験から、スキルの情報収集をしていかないとですね!

また、これからもっと多くの国の人たちと関わっっていき、
カンボジア拠点のさらなる発展をしていこうと思っています!!!

今回は以上です。
読んでいただき、ありがとうございます。

カンボジア 安藤

関連記事一覧

各国体験談