03-5369-2930
メールでのお問い合わせ

HOME 会社概要 サービス内容 実績 セミナー 著書 投資案件情報

業務案内マーケットリサーチ

ファイナンシャルアドバイザリー デューデリジェンス マーケットリサーチ バリュエーション 事業承継

市場調査(マーケットリサーチ)

企業が新規事業を企画し、マーケティング戦略を立てるために、
マーケットリサーチを行い、市場概況や消費者ニーズを把握します。

特に、日本企業が海外において事業を開始する場合は、日本の消費者と文化や嗜好に大きな違いがあるため、マーケティング戦略に大きな配慮が必要です。また事業を開始する前に、市場にどのような同業競合他社が存在しているかを調査により把握しておくことで、海外展開のリスク対策と戦略構築につながります。

マーケットリサーチには、以下のリサーチ方法が代表的です。
1.市場概要(規模、占有率、成長率、顧客数、販売量)などの
 数値を調べる記述型リサーチ
2.ビジネスチャンスを発掘するための探索型リサーチ
3.問題の原因と結果を検証する因果型リサーチ

記述型リサーチでは、インターネットや二次情報をメインに用いて、市場概況、商品情報、競合他社を(デスク)リサーチし、実態を把握します。探索型リサーチでは、公開情報の再分析やインタビュー・アンケートを通して、記述型リサーチよりも深く、一般的に公開されていない情報を調査します。さらに因果型リサーチでは、目標設定した売上・コスト等、事業計画の課題とそのアプローチ方法を検証するリサーチで、モデルを使って分析調査をします。

M&A戦略の明確化

ターゲット企業の選定

初期的調査※

基本合意書の締結

デューデリジェンス

バリュエーション

最終契約書の締結

クロージング

マーケットリサーチには大きく分けて二つの方法があり、ネットワーク通して、一般に公開されている既存の情報を入手するセカンダリーリサーチ、インタビュー等を通して新しく情報を得るプライマリーリサーチがあります。新興国など公開情報が限られている国においては、セカンダリー調査で情報が入手できないことが往々にしてあります。
市場のマクロ情報(業界規模、売上推移、企業数等)が公開されていない場合には、該当機関から情報を得る必要があり、特定の企業を調査する際には、実際に対象企業を訪問し、インタビューなどを通してプライマリーリサーチを行います。
日本企業が海外でリサーチを行う際には、英語による正確なリサーチ交渉や成果物解釈をする必要があるため、日本語対応のできる調査会社選定が望ましいと言えます。

ファイナンシャルアドバイザリー デューデリジェンス マーケットリサーチ バリュエーション 事業承継